ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 イラストレーター : 水上カオリ 』 という条件で検索したよ!
3 件見つかりましたわ。そのうちの 1 〜 3 ( 表示数=3冊 ) 件を表示しますわ。
約束された……
勝利の券!!
ねーこんなことしたって宝くじ、当たらないものは当たらないと思うよ……

[image:bk1] タイトル 第61魔法分隊 5
シリーズ 第61魔法分隊
著者 伊都工平
イラストレーター 水上カオリ
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2655-5
発行年月日 2004-04-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
極楽トンボ 魔法の設定がとにかく魅力的なシリーズでした。
中途半端に工業の発達した魔法が日常化した世界です。

特殊な杖から魔法攻撃をするシーンは未だ印象に残ってます。
個人戦ではなく、魔法による団体戦が描写されているってじつはかなり貴重で、そういう意味でも興味深い作品ですね。

なんか最後の締め方はやや収まりが悪かったけれども、それもひっくるめてよかった。
デリエルラブ。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル フィリシエラと、わたしと、終わりゆく世界に 1 ゆき、ふりつむ
シリーズ フィリシエラと、わたしと、終わりゆく世界に
著者 今田隆文
イラストレーター 水上カオリ
レーベル 富士見ファンタジア文庫
書籍コード ISBN4-8291-1615-3
発行年月日 2004-05-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
かげつ 生まれたばかりのアンドロイド、人間の滅びた社会、崩壊する世界。
仲間との交流を通して少しずつ芽生えていく感情。
斬新なところは無いかもしれませんが、大好きです。
R・B 間違いなく今期最大の不運に見舞われた作品の一つ。
これが富士見から出なければこんな目には遭わなかったろうに……

透明感があってすらすらと読み進められる。
キャラクターの個性もはっきりしていていい。

この続きを読みたかった……
極楽トンボ 打ち切りなんて嘘だーっ!!!(涙
ミル兄さん いい作品なんですよね。
どっかで続き出ませんかねぇ・・・
まるお 続きが読みたいです、ホントに。
玲朧月 読み終わった瞬間に「好みの作品なんだけど……でも一般受け(売れる)するのかな」と思った作品。
様々な描写が丁寧すぎて、一巻でキャラもストーリーも立て切れなかったように感じられたのだ。
単行本よりもむしろドラゴンマガジン本誌や増刊バトルロイヤルでしばらく連載してからならば続いたのではないかなどと想像をしてしまう…
本誌か増刊に掲載された短編も収録されないだろうし…
TD 丁寧な描写、静謐な世界、昨今の流行りからいくと起伏に欠けた、でもとてもとても繊細な物語。

打ち切るなんて、なんて勿体ないことを……
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル クラウディア
シリーズ
著者 中村幌
イラストレーター 水上カオリ
レーベル コバルト文庫
書籍コード ISBN4-08-600509-3
発行年月日 2004-11-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
玲朧月 今期発売の作品の中でもっとも驚かされた作品
いやこのレーベルからこんな設定のものが!という驚きですが。
なにせコバルト文庫という少女向け文庫で{{初期機械式コンピュータや暗号解読}}などといった話が出てくるとはおもいませんでしたよ。
内容は現代史とは少々異なる世界大戦末期の小国でのボーイミーツガール物語。構成などに特別なものは特にないが、全体に漂う倦怠感とかすかな悲壮感のまま物語そのものは終結する。
だけれども最後のページの少女の言葉が、その物語に光明を与えてくれる。
その言葉だけのためにこの物語は紡がれていると感じさせてくれた。
応援メッセージ・イラスト部門