ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 発行年月日 : 2004-04-00 』 という条件で検索したよ!
81 件見つかりましたわ。そのうちの 1 〜 10 ( 表示数=10冊 ) 件を表示しますわ。
もう、ゴールしてもいいよね?
おあずけ!

[image:amz] タイトル 斬魔大聖デモンベイン 明日への翼
シリーズ 斬魔大聖デモンベイン
著者 涼風涼 , 鋼屋ジン
イラストレーター Niθ
レーベル 角川スニーカー文庫
書籍コード ISBN4-04-427807-5
発行年月日 2004-04-00
備考 原作:鋼屋ジン
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ブロンドちょこ 熱い!熱い!熱い!
兎に角熱い!

ゲームやんなくても楽しめる。ロボット者が好きなら是非

[image:amz] タイトル 神を喰らう狼
シリーズ 神話の子供たち
著者 榎田尤利
イラストレーター 北畠あけ乃
レーベル ホワイトハート
書籍コード ISBN4-06-255727-4
発行年月日 2004-04-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
成田智 ボーイズ系の作品で知られている作者だが
この「神話の子供 たち」 のシリーズは純然たるファンタジーだ。

高い壁に囲まれた,小さな世界に住む"ボーイ"。彼の語るピュアな言葉はキラキラしていて,まるで宝石のようだ。
大好きな"フェン"から生まれて,フェンのために生きている。それが彼の喜びであり幸せ。なぜなら{{そういうふうにつくられたから}}。彼はフェンの{{スペア}}つまり{{クローン}}なのだ。

時折大好きなフェンが訪れてくれる以外は何もないささやかな暮らしが,ある時から少しずつ変わり始める。
双子の姉妹のようなローズと暮らす、"リトル"との出会い。そして突然のアクシデント。
小さな世界は、ボーイはいったいどうなってしまうのか……

とても切なくて美しい話だ。リトルとローズからの手紙では思わず泣いてしまった。
辛く悲しい出来事に見舞われても,重さは感じさせられずむしろ清々しい気持ちにさせられる。

スケールの大きな物語の導入部といった感じで、この先どんな展開になっていくのかとても気になる。
まだまだ謎だらけだが、新しい世界への扉の前に立ったようにワクワクする気持ちでいっぱいだ。

ボーイの瞳に目を奪われたなら、ぜひぜひ手に取って読んでみることをお薦めする。

[image:amz] タイトル 神を喰らう狼
シリーズ 神話の子供たち
著者 榎田尤利
イラストレーター 北畠あけ乃
レーベル ホワイトハート
書籍コード ISBN4-06-255727-4
発行年月日 2004-04-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
麻由 ストーリーの設定自体は割と良くあるものだが、なんといっても主人公ボーイの心理描写が秀逸。感情移入しやすいです。
まだ幸せな雰囲気が漂っていた前半から一変、中盤〜終盤は本当に怒濤の鬱展開が待っています。そこでも心理描写の妙が映える。
マイナーレーベルですが、なかなかに面白い作品です。

[image:amz] タイトル 英国妖異譚 7 古き城の住人
シリーズ 英国妖異譚
著者 篠原美季
イラストレーター かわい千草
レーベル ホワイトハート
書籍コード ISBN4-06-255730-4
発行年月日 2004-04-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
おむらよしえ 英国のパブリックスクールでの怪奇事件もの(といっても怖くない)。霊感少年で純粋、東洋の魅力あふれるユウリと、フランスの貴公子シモン、そして怪しい魅力があふれるアシュレイの三角関係(笑)となると、普通ユウリがきれいなままでいくものですが、この話の場合は、少しずつユウリがしたたかになってくるのが面白いです。
ぼーいずらぶとまではいかないので、そのぐらいなら許容できる人は読んでみては。

[image:amz] タイトル マリア様がみてる チャオソレッラ!
シリーズ マリア様がみてる
著者 今野緒雪
イラストレーター ひびき玲音
レーベル コバルト文庫
書籍コード ISBN4-08-600399-6
発行年月日 2004-04-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・イラスト部門
いわし 自分は「マリア様がみてる」という作品の大ファンで、気が付いたら
ひびき先生のイラストも大好きになっておりました。
シリーズ初期の頃とは大分絵柄が変わっていますが、今の絵も良いですね。
そういえばこの巻、由乃さんが寝ているイラストはひびき先生は
上下逆のつもりで描いたものだったようです…確かに問題なさそうですが。

[image:amz] タイトル マリア様がみてる チャオソレッラ!
シリーズ マリア様がみてる
著者 今野緒雪
イラストレーター ひびき玲音
レーベル コバルト文庫
書籍コード ISBN4-08-600399-6
発行年月日 2004-04-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
煉紅 修学旅行編です。
キリストの絵に対する由乃と志摩子の態度の対比には笑えます。
ちらりちらりと影を見せるあの人の様子を想像するとなお楽しめるかも

[image:amz] タイトル 日曜日には探偵を 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険
シリーズ コラリーとフェリックス
著者 橘香いくの
イラストレーター 四位広猫
レーベル コバルト文庫
書籍コード ISBN4-08-600403-8
発行年月日 2004-04-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
各務桜花 思ったことは全部口にするフェリックスと、お人良しなコラリーの掛け合いや、彼らに巻き込まれる人々を見ているのが楽しいです。
ライバルの怪盗と三角関係になって事件が起きたりして、少女小説で、ラブで、意外とミステリーな話。数々の騒動をお楽しみください。
続編として「ハネムーンミステリー」シリーズがあります。

[image:amz] タイトル 鬼刻
シリーズ 鬼刻
著者 城崎火也
イラストレーター 椋本夏夜
レーベル 集英社スーパーダッシュ文庫
書籍コード ISBN4-08-630182-2
発行年月日 2004-04-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
極楽トンボ 基本的には割とよくある伝奇もの。
ミステリというかホラー風味?
主人公の少女のPTSDの描写が心に残っているのでこちらでも紹介してみました。

[image:bk1] タイトル 終の神話・地号の章
シリーズ 封殺鬼
著者 霜島ケイ
イラストレーター 西炯子
レーベル キャンバス文庫
書籍コード ISBN4-09-430577-7
発行年月日 2004-04-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
おむらよしえ 使役鬼として千年以上の時を過ごしてきた二人の鬼、戸倉聖と志島弓生と、その周囲の人間たちの話です。
どんなに辛いことがあっても、明るい聖というキャラクターが物語をとても魅力的なものにしています。人間として生きることのしがらみの多さが人間のキャラクターたちを辛くさせていますが、そこにいる聖がみんなを救う存在になっています。
ぼーいずらぶぽい表紙ですが、そのような描写はいっさいなし。男子でも楽しめると思います。

[image:bk1] タイトル 西方のベルリ
シリーズ 剣の聖刻年代記 残月の闇龍
著者 日下部匡俊
イラストレーター 撫荒武吉
レーベル ソノラマ文庫
書籍コード ISBN4-257-77032-5
発行年月日 2004-04-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
読丸 銀髪の少女に魅せられた盗賊ベルリの運命の転変ぶりと操兵のダイナミクスが目を惹きます。長大な剣の聖刻年代記の中の一つの話のプロローグ的な一冊ですので、他の巻とあわせて一気に読むべし!