ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 書評者 : ミズノトリ 』 『 逆ソート順 : 更新時間 』 という条件で検索したよ!
8 件見つかりましたわ。そのうちの 1 〜 8 ( 表示数=8冊 ) 件を表示しますわ。
授業中は見ちゃ駄目だよ
仕事中も駄目ですの!

[image:amz] タイトル ネコソギラジカル 上 十三階段
シリーズ 戯言
著者 西尾維新
イラストレーター
レーベル 講談社ノベルス
書籍コード ISBN4-06-182393-0
発行年月日 2005-02-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ミズノトリ 西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。
いよいよクライマックス。
いーちゃんはこれからどうするのか、玖渚に出番はあるのか(いや、あるだろうけど)、
《赤き征裁》は父親を制裁できるのか、狐さんはこれからどうなるのか、
そして、崩子ちゃんは生き残ってくれるのか。(むしろこれがいちばん大事)
出夢くんも生き残って欲しい。(これはその次に大事)
とにかく、間違いなく、想像も出来ないような物語を創造してくれるだろう。
果たしてそれは最強のハッピーエンドなのか、最悪のバッドエンドなのか。
なんにせよ傑作であることだきゃー確かだな。

[image:amz] タイトル 薔薇のマリア1 夢追い女王は永遠に眠れ
シリーズ 薔薇のマリア
著者 十文字青
イラストレーター BUNBUN
レーベル 角川スニーカー文庫
書籍コード ISBN4-04-471001-5
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ミズノトリ 新人さんですが、一作目にして非常に完成度が高く、また独特の個性を持ってもいます。
なにせ「NHKにようこそ!」の滝本竜彦さん以来の、「角川学園小説大賞特別賞」受賞作家ですから、その個性の強さは推して知るべし。

主人公のマリアローズは「勇者」ではないし、「伝説」のなにかでもない、
他のファンタジーの主人公と同様に「剣士」ではありますが、別段強いわけでもなく、
爆弾や毒矢なんかの小手先の技術で何とか生き延びている、ただの一人の冒険者なわけです。
そんなマリアローズが、個性的すぎるキャラたちとパーティを組んでダンジョンに挑む、というのが大筋のストーリー。
主に描かれるのは、仲間との関係に悩みながらも、彼らを信じようとするマリアローズ。
また、薄暗い地下ダンジョンの不気味さと果てしなさ。
自分が失敗すれば死んでしまう、ギリギリの戦闘での緊張感。
従来のファンタジーがただのRPGなら、この作品は流行のオンラインRPGといったところ。
古典的なファンタジーとは違うけれど、異端的な作品というわけでもない。
正統派なのに、現代的で新しい。そんな作品です。

[image:amz] タイトル Room No.1301 #3 同居人はロマンティック?
シリーズ Room No.1301
著者 新井輝
イラストレーター さっち
レーベル 富士見ミステリー文庫
書籍コード ISBN4-8291-6268-6
発行年月日 2004-09-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ミズノトリ このシリーズの一番好きな部分は、主人公・健一の思考回路ですね。
現実的な風でありながら、現実からは微妙に乖離している。
それが作品全体の雰囲気と重なり、独特の味わい深さを醸し出すのだと思います。
このシリーズに登場するキャラは、ほんの一部を除けば、心に問題を抱えた者たちばかりです。
その中でも特筆すべきは、健一の姉・ホタル。
{{弟を好きになってしまった}}というホタルの苦悩は、相当に深いものだったでしょう。
この三巻のラストでは、健一とホタルとの関係に急激な変化が生まれます。
そして、普通の人間からすれば異常なその事態を、健一はわりとすんなりと受け入れてしまいます。
その絶妙なズレっぷりこそが健一の抱える心の問題ってやつでしょう。
彼が恋愛を理解することは出来るのでしょうか?
いま、最も続きが気になるシリーズです。
蛇足ですが、俺は綾さん派です。

[image:amz] タイトル ルナティック・ムーン IV
シリーズ ルナティック・ムーン
著者 藤原祐
イラストレーター 椋本夏夜
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2845-0
発行年月日 2004-11-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ミズノトリ 荒廃した大地、衰退した人類、跋扈する「ケモノ」。
体の一部が「ケモノ」と化した人間、「変異種」。
「変異種」の中でも特別な存在、「稀存種」。
そんな世界の中で、{{「稀存種」}}の少年と「変異種」の少女が出会い、惹かれあっていく。
「ルナティック・ムーン」は、まぎれもない純愛物語です。
このシリーズ、正直、一巻は私にはあまり合いませんでした。
一巻を読んで二巻を買うまでに時間が空いたほどです。
しかし、今ではそれを少し後悔しています。
この四巻は非常な傑作です。
一巻から三巻まで溜めに溜めたエネルギーが一気に爆発しています。
このシリーズを買うのを途中でやめたという方、そしてまだ手に取っていない方は、
ぜひとも四巻まで読み、そして完結巻であり集大成である五巻を読んで、泣いてください。

[image:amz] タイトル さよならトロイメライ 3 幻想リプレイ
シリーズ さよならトロイメライ
著者 壱乗寺かるた
イラストレーター 日吉丸晃
レーベル 富士見ミステリー文庫
書籍コード ISBN4-8291-6272-4
発行年月日 2004-09-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ミズノトリ 富士ミスの異端児、壱乗寺かるたのトロメラシリーズ第三作。
西尾維新のような一人称饒舌文体に、多種多様な小ネタを詰め込んで、
なおかつ強引にミステリとしてまとめてしまったのがこのトロメラです。
その特徴は、主人公・冬麻が前向きなこと。
明るく、人がよく、悩んだ末に空回ったりはするものの、常に全力疾走。
いわゆるハーレム物の要素もありますが、冬麻が普通に「いい奴」なおかげで、
「(読者が)主人公に殺意を抱かないハーレム物」というふうになっています。
ちなみに、メインヒロインは都お嬢様(デレデレ)です。断じて都お嬢様です。
もしくは八千代ちゃん(ツンデレ)です。
泉(ハラグロ)ではありません。…いや、冗談ですけど。
この三巻では、冬麻の出生の秘密の一端が明らかになり、さまざまな謎が新たに提示されます。
物語はこれから大きく動いていくのでしょう。

決して上手いわけではないけれど、しかし読むと癖になるライトノベル、「さよならトロイメライ」。
五月十日に出る四巻とあわせて、これを機会に読み始めてみてはいかがでしょうか。

[image:amz] タイトル ソウル・アンダーテイカー
シリーズ
著者 中村恵里加
イラストレーター 酒乃渉
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2943-0
発行年月日 2005-02-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ミズノトリ 馬鹿な少女の話です。ただの馬鹿ではありません。大馬鹿です。
けれど、その馬鹿さ加減が、どうしてか悲しくて切ない。
一巻では、姐さんな猫の使い魔や、「ソウル・アンダーテイカー」の少年と出会って、
比呂緒自身が「ソウル・アンダーテイカー」となるまでを描いています。
ある種の除霊モノのようなのですが、一巻ということで話はあまり進展を見せません。
ただ、全体に漂う灰色の雰囲気が、今後の鬱展開を示唆しているような。
その前に、遅筆な作者がいつ続刊を出すかが問題ですが…。

[image:amz] タイトル 春期限定いちごタルト事件
シリーズ
著者 米沢穂信
イラストレーター 片山若子
レーベル 創元推理文庫
書籍コード ISBN4-488-45101-2
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ミズノトリ 全編通してコミカルな日常系ミステリとなっていますが、話の焦点は小鳩くんと小佐内さんの心のリハビリ(?)にあります。
敢えて言うなら、この小説は、乙一の「GOTH」(読んでないならこちらもお勧めです)とまるきり鏡の表裏です。
「GOTH」の主人公たちは自分たちの嗜好を抑えようとはしませんが、小鳩くんと小佐内さんはそれをひた隠しにします。
それはもう、涙ぐましい努力を重ねて、必死に隠すのです。
けれど結局、人の本性というものは隠しても滲み出てくるもので。
というわけで、小柄で可愛くておとなしい{{そして実に恐ろしい}}小佐内さんの大活躍を、ぜひご覧ください。
…できれば「夏期限定みかんパフェ事件」とか読んでみたいなぁ。

[image:amz] タイトル 涼宮ハルヒの消失
シリーズ 涼宮ハルヒ
著者 谷川流
イラストレーター いとうのいぢ
レーベル 角川スニーカー文庫
書籍コード ISBN4-04-429204-3
発行年月日 2004-08-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ミズノトリ この作品の見所は三つです。
第一の見所。ハルヒが消えた世界の{{長門有希}}。
{{最も人間離れした存在と思われる彼女}}が、ごくありふれた普通の存在になってしまう。
このギャップが強烈かつ凶悪です。
第二の見所。この事件を引き起こした人物は、どうしてこのようなことをしたのか。
これまで完璧と思われていた{{長門}}も、実は完璧な存在ではなかった。
第一の見所が「一度目の逆転」とすれば、こちらは「二度目の逆転」でしょうか。
この作品の主役はまさに{{長門}}です。
そして第三の見所、世界を元に戻すために奮闘する主人公・キョンの姿。
彼の『選択』を、ぜひ読んでいただきたい。
ラノベ読みならば、誰もが少なからず共感するところがあるのではないでしょうか。