ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 書評者 : ぎをらむ 』 という条件で検索したよ!
25 件見つかりましたわ。そのうちの 21 〜 25 ( 表示数=5冊 ) 件を表示しますわ。
そんなに2次元が好きなら、らいとも2次元にしてあげますの
そ、その発言は矛盾してると思うんだけど

[image:amz] タイトル 君の居た昨日、僕の見る明日2-Fake heart-
シリーズ 君の居た昨日、僕の見る明日
著者 榊一郎
イラストレーター 狐印
レーベル 富士見ファンタジア文庫
書籍コード ISBN4-8291-1684-6
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ぎをらむ 榊一郎さんがしばしばネタにする、いわゆるAIモノ。
榊一郎さんの作風は基本的に婉曲です。回りくどいです。そこが好きなんですけれども。
心の裏側を描くことで心の表側を問い、ファンタジーを書くことで現実を問い、AIという作り物の人間を描くことで、本当の人間とは一体何なのだろう?と問うのです。
極楽トンボ 異世界……というか閉鎖空間に飛ばされ戻れなくなった少年が、そこに存在する学校でいろいろな問題を抱えたわけあり生徒達と学校生活を営んでいくお話第二弾。

AIです、AIが出ます。
私のツボであるAIのタイプとは違いますが、それでもAI出るだけで幸せ。
煉紅 虚構の学園で繰り広げられある物語の第二巻。
新キャラであるAIのネレイドを中心に話が進みます。
AIであるが故の苦悩ががよく描かれていて逆に人間とは何だろう?と
考えさせられます。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル イコノクラスト! 2
シリーズ イコノクラスト!
著者 榊一郎
イラストレーター OKAMA
レーベル MF文庫J
書籍コード ISBN4-8401-1208-8
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
極楽トンボ ヒーローというものが現実にはどう扱われているのか。異世界からの召喚というのはどれほど異常か。
1巻でもそういった描写はもちろん随所に出てはきました。が。
いやはやこの2巻で本領発揮。かなりエグいです。まっすぐな話が好きな人はこの巻で読むのやめちゃうじゃないか?ってくらいエグい。
なにがどうエグいとはもうしませんのでぜひご自分の目でお確かめを。個人的にはいろいろ読んだ榊作品の中では心情的には一番エグいかも。
ぎをらむ 榊一郎さんはハートフルな作家だと言われます。人の心の脆さ、弱さ、醜さを隠さずに描き、でもそこから逆説的に人には信じる力もあるのだ、救い救われることができるのだと説いていきます。
その榊一郎さんが人の心の裏側だけを1巻通して書いたらどうなるのか、その答がここにあります。とにかく暗い。救いがない。読んでいてきついものがあります。しかもこのシリーズ、今のところ到底ハッピーエンドに終わりそうにありません。
けれども、私は榊一郎さんが100%救いのない話を書くとは思えないのです。これだけエグい話でも、きっと最後には何か救いの欠片が用意されているのではないか?そうした一縷の望みをもって、この絶望的な物語を読んでいます。
ポパイ 異世界に召還され救世主扱いされる…。
とてもよくある話のようですが、この話はそれだけではありませんでした。
召還した側の人間たちの思惑が一、二巻ともにすごいです。
汚い大人とでも言えばいいのでしょうか?
彼らに操られる主人公は、しかし自分は操られているとは思わない。
この話で一番強いのは、主人公でも人間を滅ぼそうとする「代行者」でもなく、
彼らではないでしょうか?
しかし一番印象に残ったのは、この二巻ラストの戦闘シーンでした。
自分は本を読む時、登場人物に感情移入しながら読むのですが、
そのおかげで少しトラウマになっています。
早く次巻が読みたい本の一つです。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル レディ・ガンナーと二人の皇子 中
シリーズ レディ・ガンナー
著者 茅田砂胡
イラストレーター 草河遊也
レーベル 角川スニーカー文庫
書籍コード ISBN4-04-423106-0
発行年月日 2005-02-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ぎをらむ 練りに練った設定。妥協のないストーリー。洗練された優雅な言葉使い。
そうしたなかで描かれる、理不尽な現実に対する主人公たちの苦闘に喝采を送りたくなります。
ゆっくり、じっくり味わって頂きたい作品。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:bk1] タイトル 銀盤カレイドスコープ vol.4 リトル・プログラム:Big sister but sister
シリーズ 銀盤カレイドスコープ
著者 海原零
イラストレーター 鈴平ひろ
レーベル 集英社スーパーダッシュ文庫
書籍コード ISBN4-08-630224-1
発行年月日 2005-02-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
おむらよしえ 性格のとことん悪い桜野タズサの妹、桜野ヨーコもまた、フィギュアスケートをやっていた。ライバルに「チェリー」とくさされたこともたたり、ついに「ネタばれ」と口に出してしまうが……。
妹を出したのは上手かったです。典型的な少女マンガストーリーですが、丁寧に描かれているのでとてもよかった。タズサもいい役。3巻がいまいちだなーと感じた方でもおすすめです。
しゅぺるたー これまでも、そしてこれからも2度と出ないであろうフィギュアスケートをテーマとした
小説の4冊目。
3冊出してそろそろネタ切れか?
と思わしといて主役の変更なんて方向で攻めてくるとは!

男性が手に取るのには少し気がひける表紙であるのがちょっと問題だが、その逡巡の向こうには華やかさを纏った良い小説が待ってるぜ。
練馬 フィギュアスケートに関する知識が無くてもスケートシーンがとても面白く読める凄い小説。イラストから萌え系かと思うかもしれませんが実に真っ当なスポ根小説にして本格的フィギュアスケート小説です。
一人称形式をフルに生かし、アスリートの抱えるプレッシャーや競技中に感じる万能感といったものを存分に味わえます。
更に、競技的・日常的な両面において主人公に感情移入しまくりです。
前三冊と違って、主人公が変わってるのでこの巻から読み始めても特に問題はありません。気軽に読んでみましょう。
そして気に入ったならば是非1・2巻(上下巻構成です)も読みましょう!
極楽トンボ フィギュアスケートを題材にした、おそらく唯一のライトノベル作品第4弾。
なんと今回は妹が主役です。
根は繊細とはいえ、性格は傲岸不遜・その上実力は一流というすごすぎる姉を持った妹の複雑な心境が丁寧に描写されています。
ああ、なんかタズサかっこいい……
ともかく今回もやっぱりスケートシーンにご注目。スポーツを文章で表現するのはかなり難易度が高いんですが、このシリーズは見事にそれを成し遂げていると思います。
黒原はいく 既に様々な人が様々な場所で語っておられるだろうこのシリーズ。少し別口から紹介してみたいと思います。
確かに中身はスポ根モノであり、安易な萌え小説ではないのですが--誤解しないで下さい、ちゃんと萌えられます。……嘘です。正確には少し違います。惚れちゃいます。それぐらい魅力的な登場人物。毒舌ヒール・桜野タズサに関しても言うまでもないですね。
このイラストも、キャラクターのイメージにしっかりマッチ。表紙に騙されて読まない人はまいじゃー人生の数パーセントを損してますが、表紙を全く信じないで読まない人もそれはそれで損してます。
あとは、この巻に関して--随分と大人になったタズサが見られますよ。
ぎをらむ スポ根としてベタといえばベタなストーリーなのですが、そのベタなストーリーを陳腐に感じさせない海原零さんの力量は素晴らしいものがあります。ど真ん中のストレートでも、バットをへし折る問答無用の威力があればOKなのです。
主人公のヨーコが劣等感を抱え、挫折し、そしてそこから「桜野タズサの妹」ではない「桜野ヨーコ」という自分を見つけ出していく過程をきっちり描いた、正統派の成長物語です。
t-snow まさかスーパーダッシュで少女小説が読めるとは!
前巻までとは異なりタズサの妹ヨーコを主人公に据え、タズサとの関係や先輩スケーターであるシューゴとの恋愛が描かれている第4巻。
偉大なる姉へのコンプレックスやその姉を想う心などが一人称で丁寧に描写されていて、ヨーコというキャラクターを好きになること請け合い。
また、シューゴとの出会いの場面やシューゴの言動に一喜一憂する様子には、この手の少女漫画や少女小説が好きなら転がること間違いなし。
現実のフィギュアスケートにはあまり興味がない自分にも楽しめるフィギュア描写は健在だし、シリーズの中でも一番のお勧めです。
リッパー 実際の女子フィギュアスケート界も非常に盛りあがっていて、安藤美姫の人気もうなぎのぼりの今、もっともテレビアニメ化するにふさわしい作品だと思うのですが、メディアミックスの話はないんですかー!
まるお 女の子の一人称が威力を発揮している極上の作品。

シリーズ未読の方はとりあえずこの巻を読んでみて、気に入ったなら姉の物語(Vol.1〜3)に手を伸ばしてみても楽しめると思います。
応援メッセージ・イラスト部門
リッパー この作品とこのイラストの出会いは運命的なものだったのでしょう。
本編の面白さを絵の力が底上げし、キャラクタの魅力がイラストをより素敵に見えさせるという相乗効果の最高の例。
この絵に騙されたと思って読むよろし。あるいは萌え絵に退いてないで読みやがれ。
練馬 表紙イラストが姉妹中を見事にあらわしていると思います。
後、最初の演技中のイラストと、最後の演技中イラストが、それぞれ、どん底の精神状態と、これ以上無い満足感を表していていいと思いました。

[image:amz] タイトル 私の優しくない先輩
シリーズ
著者 日日日
イラストレーター 榎本ナリコ
レーベル 碧天舎
書籍コード ISBN4-88346-724-4
発行年月日 2005-02-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ぎをらむ 現代を舞台にしたライトノベルでは、家庭や子供の成長は描きづらい面があります。時間が流れるよりも、むしろ時間を止めて現在を楽しむような力が働きがちです。
しかし日日日さんは「ちーちゃんは悠久の向こう」でも「私の優しくない先輩」でも、物怖じせずに家庭を描き、そこに積極的に時間を流します。その中に置かれた子供は否応なく2つの道から1つを選ばなければなりません。すなわち、成長するか、死ぬかです。成長と隣り合わせの死。それを描くことに日日日さんは全く躊躇しません。この姿勢が凄いと思います。これから発表される「アンダカの怪造学」と「狂乱家族日記」でも、この姿勢を貫いて欲しいです。
日日日さんの描く「家庭」と「成長」とその裏返しとしての「死」。これらのテーマが今年のライトノベル界を震撼させるかも知れません。
応援メッセージ・イラスト部門