ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 書評者 : INN 』 『 逆ソート順 : 更新時間 』 という条件で検索したよ!
7 件見つかりましたわ。そのうちの 1 〜 7 ( 表示数=7冊 ) 件を表示しますわ。
そんなに2次元が好きなら、らいとも2次元にしてあげますの
そ、その発言は矛盾してると思うんだけど

[image:bk1] タイトル 学校を出よう! 6 VAMPIRE SYNDROME
シリーズ 学校を出よう!
著者 谷川流
イラストレーター 蒼魚真青
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2828-0
発行年月日 2004-10-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
INN 超能力者の集う学校を舞台として繰り広げられるお話。5巻と6巻で一つの話となっています。

5巻では突如起こった謎めいた事件を調査。徐々に明らかになっていく真相は、とにかく続きに期待せずにはいらません。そして6巻で明らかになる、驚異の真相。非常に面白かったです。

宮野の活躍が特に素晴らしい一冊です。普段はおかしな言動が絶えない人物が、事件となると一転してキレ者っぷりを発揮する様が素非常に魅力的。特にこの5,6巻では、宮野無しでは話が進まないほど。読んでいる間、次に宮野がどんな活躍をするのか、楽しみで仕方ありませんでした。

このシリーズを未読の方は、まず2巻まで読んでみて下さい。それで気に入ったら、次は4巻まで。そこまで楽しめれば、後は最後まで一気に読めると思います。

[image:amz] タイトル ソード・ワールド短編集 へっぽこ冒険者と眠る白嶺
シリーズ ソード・ワールド短編集
著者 秋田みやび , 安田均
イラストレーター 浜田よしかづ
レーベル 富士見ファンタジア文庫
書籍コード ISBN4-8291-1648-X
発行年月日 2004-09-00
備考 編集:安田均
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
INN 皆さんは「へっぽこーず」と言う名前に聞き覚えはありますか? 富士見ドラゴンブックから発売されている、ソード・ワールドのリプレイで活躍するパーティの名前です。

豪腕プリーストに悪知恵の働くソーサラー、赤貧ハーフエルフに能天気なシーフ、そして気苦労の多いドワーフ。貧乏で金に飢えていながらも、根がお人好しなので結局稼げない。そんな彼らについた名前が「へっぽこーず」。駆け出しの冒険者達に初心者GMが繰り広げるリプレイは、TRPGを知らない人が読んでも充分楽しめる作品です。

この本は、その「へっぽこーず」の長編小説。没落した貴族から宝捜しの依頼を受けて、雪の残るヤスガルン山脈へと向かう話。

最初は高慢だった依頼人が、イリーナ達と旅をする中で、段々と変わっていきます。良くある展開ですが、魅力的なキャラと相応の文章に支えられた王道は、非常に面白い。このパーティの冒険は、とても心温まります。

この作品を読んで気に入った方は、是非リプレイにも目を通して見て下さい。きっと楽しめるはず。

[image:amz] タイトル ジェスターズ・ギャラクシー4 愚神のために恋歌を
シリーズ ジェスターズ・ギャラクシー
著者 新城カズマ
イラストレーター おもて空良
レーベル 富士見ファンタジア文庫
書籍コード ISBN4-8291-1594-7
発行年月日 2004-03-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
INN 4巻と言うよりも、このシリーズ全体を強くオススメしたい。

約10万年も続いた銀河帝国が滅亡を迎える最後の数年間を書いた作品で、主人公らは宇宙を自在に駆け巡る銀河騎兵《鮮血の天使》。彼らと、先帝が暗殺されたために急遽皇帝に即位した一人の少女が織り成す星間史劇です。

世間では忌み嫌われて嘲笑され、帝国滅亡後の歴史では悪逆非道の集団と言う烙印を押される事となる銀河騎兵達。しかしその実体は、どんな状況に陥ろうとも己の信念に殉じた「誇り高き莫迦ども」。こいつらの生き様がとにかく熱くて格好良い。彼らは滅ぶ事が確定している帝国に仕えているので、近い未来に悲劇が待っている事が分かっているわけですが...それ故、銀河騎兵達の熱さが際立っていると思います。

この4巻は銀河騎兵達の副隊長・べレズの恋を描いた作品。普段は乱暴な物言いの目立つべレズの不器用だけど純粋な恋物語です。他の巻に比べると、熱い展開があまり無いのが少々残念ですが、普段はあまり表に出てこないべレズの優しさが読めるのは良い感じです。

個人的には、これほど続きが気になる作品はそうそうありません。皆さんも是非。

[image:bk1] タイトル 食卓にビールを
シリーズ 食卓にビールを
著者 小林めぐみ
イラストレーター 剣康之
レーベル 富士見ミステリー文庫
書籍コード ISBN4-8291-6267-8
発行年月日 2004-08-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
INN ビール好きな人妻女子高生が、宇宙人絡みの不思議な出来事に遭遇する短編集。未知の事柄に対して不安よりも先に好奇心がくるタイプの主人公が、ヘンテコな宇宙人と遭遇していくSF作品です。

話が面白いのは勿論なのですが、個人的にはそれよりも、作品全体に漂う「まったりと変」な雰囲気がとても気に入ってます。日常と非日常の区別を全くつける事なく話が進み、さらにそれを違和感なく感じさせる、この独特の雰囲気がとても素晴らしい。

富士見ミステリー文庫で、自分が一番新刊を楽しみにしている作品です。

[image:amz] タイトル トライ・クロス! 3 人は真央に屹つ
シリーズ トライ・クロス!
著者 友野詳
イラストレーター 岩原裕二
レーベル 角川スニーカー文庫
書籍コード ISBN4-04-460838-5
発行年月日 2004-08-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
INN 空を魚が泳ぎまわる不思議な世界を舞台としたお話。身寄りのない子供達を束ねる、スラムの小悪党・ウィルを主人公に、一人の少女を巡った争いを描いた作品です。

主人公のウィルは暗く思い過去を背負っているのですが、そんな素振りは全く見せず、どんなピンチに陥っても諦めない。辛いときにこそ笑おうと、シリアスな展開の中にもユーモアを忘れないウィルの姿勢がとにかく熱くて面白い。

全3巻で完結していますが、第2部もあるとのことなので続きが待ち遠しい作品です。

[image:amz] タイトル 空の中
シリーズ
著者 有川浩
イラストレーター
レーベル メディアワークス
書籍コード ISBN4-8402-2824-8
発行年月日 2004-11-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
INN 人類と未知の巨大生物との触れ合いを描く長編SF。

どの部分をとっても続きが気になる展開のオンパレードで、読んでいて飽きません。前半で繰り広げられる未知生物との遭遇・交流には、非常にワクワクさせられました。次に何が起こってどうなるのか、常に先が気になって仕方ない。

また、魅力的な登場人物ばかりなのも見逃せない所です。みんな良いキャラなんですが、その中で主役達を差し置いて特に良いキャラだったのが、宮じい。
主人公の面倒を良く見ているお爺さんなんですが、台詞のひとつひとつに重みがあって、それがとても良いです。特に終盤、意固地になっている子供たちを説き伏せるシーンは最高でした。

ハードカバーで分厚く、他のライトノベルと比較すると値段も少々張りますが、それだけの価値はある作品だと思います。

[image:amz] タイトル 奇蹟の表現
シリーズ
著者 結城充考
イラストレーター KEI
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2919-8
発行年月日 2005-02-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
INN 辛い過去を背負う寡黙な男・シマが、一人の少女・ナツと出会う事で徐々に己を取り戻していく作品。第11回電撃小説大賞・銀賞受賞作です。

これ一冊で綺麗に完結しているお話ですが、もう少し続きが読んでみたいと思わせる程に魅力的な作品でした。それほど盛り上がると言う印象は受けなかったのですが、全体に漂う静かでどこか哀しげな雰囲気が非常に素晴らしい。

派手さは全然無いのですが、その中で主人公・シマの渋さがとにかく光ります。これだけ渋さで格好良いと思わせる主人公には、なかなかお目にかかれないんじゃないでしょうか。

第11回電撃小説大賞受賞作の中で、この作品が一番のお気に入り。次の作品にも期待しております。