ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 書評者 : masahisa 』 という条件で検索したよ!
3 件見つかりましたわ。そのうちの 1 〜 3 ( 表示数=3冊 ) 件を表示しますわ。
プリズマティカリゼーションっていいよね、まいじゃーでさ
らいと、思い切り中の人に操られてますの
くっ、おそるべし中の人!

[image:amz] タイトル 吉永さん家のガーゴイル 4
シリーズ 吉永さん家のガーゴイル
著者 田口仙年堂
イラストレーター 日向悠二
レーベル ファミ通文庫
書籍コード ISBN4-7577-1967-1
発行年月日 2004-08-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
東雲長閑 読んでいてうるうるしっぱなしで、
私の大好きなあの人が登場してだーっ(涙が流れる擬音)という感じ。
何でこんなに涙腺をやられたのかと考えてみたのだが、
それはこの小説が「失われてしまったもの」を書いているからだと思う。
いつか私達も失われてしまうから。
masahisa このシリーズは全巻面白いですが、あえてこの1冊を選んでみました。

いつもの御色町ではなくネタばれが舞台ということで、シリーズ中一番毛色の変わった話だと思います。今回は謎の多い兎轉舎の女主人、高原イヨがメインの話ですが、真の主人公は雅臣でしょう。ネタばれネタばれの間で葛藤する雅臣からネタばれのクライマックスまでの流れは最高ですよ!
そして、ラストの場面&エピローグでは思わずホロッときました。このシリーズには本当に泣かされます(いい意味で)
ひさ 明るい雰囲気が多いシリーズの中では異色と言い切ってしまってもいいかも
知れない。笑いのテンションこそ高くはないものの、これまでとは違う新鮮味
やホロリとさせられる結末など、印象に残っているシーンはこの巻が一番多い。
こういう変化球も投げれるんだなぁという実力を見せつけられました。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル 星界の戦旗 4 軋む時空
シリーズ 星界の戦旗
著者 森岡浩之
イラストレーター 赤井孝美
レーベル ハヤカワ文庫JA
書籍コード ISBN4-15-030774-1
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ゲート 少しラフィールとジントの扱いが少ない気もしますが、これからが楽しみになるつなぎの第4巻です。
masahisa とにかく出ただけで満足してしまいました(笑)
しかし今回もいいところで終わっているので、次巻はもう少し早く出してください。
(じゃないと、また「紋章」から読み直さなきゃならない……)
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル ミナミノミナミノ
シリーズ ミナミノミナミノ
著者 秋山瑞人
イラストレーター 駒都えーじ
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2914-7
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
masahisa この巻のラストまで読んだ時点で、なんとなくラストは想像出来る気がします。
個人的に秋山瑞人の小説は、「予想を裏切った上で予想どおりの結末を見せる」ように
感じていますので、自分の予想がどう裏切られるかが楽しみですよ。
東雲長閑 秋山瑞人さんの小説を読んでいると、全く知らないはずの場所や人が、昔から知っているかのように思えてくる。「ミナミノミナミノ」の舞台である岬島も左吏部家も、私達の奥底に沈む田舎の記憶を呼び起こす。それは電話帳に転用された漢字練習帳といった絶妙の細部に因るところが大きい。
とにかく一巻を読んで「ミナミノミナミノ」は私の良く知る場所での、良く知った人々の物語になってしまった。今後、馴染みの人達がどの様な運命を迎えるのか、どきどきしながら待ちたい。
高空昴 大ヒット作「イリヤの空、UFOの夏」に続く、ボーイ・ミーツ・ガールの第二弾。
秋山節とでも呼ぶべき濃密かつ軽妙な文体は、本作でも健在にして絶好調。
このボキャブラリー・センスは、他の作家さんには真似できないものがあります。自分が物語の中にいるかのような臨場感、匂いさえも感じさせるような描写力、ツボをついてくる人物造形、あいもかわらず抜群です。
作品単体としては、秋山氏の作品の中でも最もとっつきやすいと思います。
秋山作品に触れたことのない方は、この作品から触れてみるのもいいかもしれません。

南の島を舞台にした夏の物語であり、あとがきで秋山氏が自ら言っているように、全体的なカラーは前作「イリヤ」を思わせるものとなっています。そういう意味では「新鮮さ」や「目新しさ」は乏しいかもしれませんが、そこは「良い意味で読者を裏切り続けている」秋山先生、最後にドカンとかましてくれるでしょう。
期待を胸に、続刊を待ってます。
応援メッセージ・イラスト部門