ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 レーベル : 電撃文庫 』 という条件で検索したよ!
359 件見つかりましたわ。そのうちの 71 〜 80 ( 表示数=10冊 ) 件を表示しますわ。
授業中は見ちゃ駄目だよ
仕事中も駄目ですの!

[image:bk1] タイトル リバーズ・エンド after days
シリーズ リバーズ・エンド
著者 橋本紡
イラストレーター 高野音彦
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2684-9
発行年月日 2004-06-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
煉紅 リバース・エンドのアフターストーリー。
元の生活に戻った彼らを見たかったら是非読んで下さい。
個人的には{{真っ赤になった遙にKO}}です。
あと巻頭カラーページは必見。

[image:bk1] タイトル 天国に涙はいらない 10 妹兄山腐女子庭訓
シリーズ 天国に涙はいらない
著者 佐藤ケイ
イラストレーター さがのあおい
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2693-8
発行年月日 2004-06-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・イラスト部門
ぎをらむ デジタル塗りなのに、かちっとした輪郭線にせずに反復した線を残したり、線から大胆にはみ出した彩色をしたりしていて面白いですね。顔のデフォルメうんぬんじゃなくて、描き方そのものに機械的ではない、明らかな人間臭さがあって好きです。デジタル塗りで個性を出すためにはこういう工夫が必要なのかも。

[image:bk1] タイトル 天国に涙はいらない 10 妹兄山腐女子庭訓
シリーズ 天国に涙はいらない
著者 佐藤ケイ
イラストレーター さがのあおい
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2693-8
発行年月日 2004-06-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
リッパー シリーズ1巻からずっとそこにあり続け、これまでは賀茂君の優しさやアブデルの萌えオタっぷりで誤魔化されていた悪魔っ娘"たま"の罪とその償いがこの10作目のテーマ。

罪の意識と贖罪への葛藤。純粋さと弱さゆえに陥ってしまう事態。 たまの切々とした悲痛な内面描写に、後半は読みながらマジ泣きでした。そして、出される1つの答え…。このシリーズ読んでて良かったと心から思えました。

「天涙」はただのメタ萌え小説ではないのですっ。

[image:bk1] タイトル Hyper Hybrid Organization 00-01 訪問者
シリーズ Hyper Hybrid Organization
著者 高畑京一郎
イラストレーター 相川有
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2694-6
発行年月日 2004-06-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ぴすかす 力作「Hyper Hybrid Organization」の外伝シリーズです。01シリーズでは人、モノ、金を掌握したほぼ完全無欠な組織として描かれているユニコーンも、本作ではまだ黎明期であり、当時からの藤岡と組織との微妙なズレも垣間見えます。
ノリが任侠ものなので、セリフ臭さが気になることもありますが、派手さではなく、負のパワーを抱えながらも静かに突き進む男達の熱いドラマは必読です。

[image:bk1] タイトル Hyper Hybrid Organization 00-01 訪問者
シリーズ Hyper Hybrid Organization
著者 高畑京一郎
イラストレーター 相川有
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2694-6
発行年月日 2004-06-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ひさ 本編から過去に遡り、ユニコーンという犯罪組織結成前から現在に至るまでを
描いているのがこの外伝「00」。本編と外伝のどちらから読んでも充分楽しめる
ように配慮された内容。もしかしたらこの過去編から触れた方が流れを把握し易い
かな? 中身が任侠モノなので戸惑うかも知れないけれど。人物関係を描く部分は
実に丁寧、話のテンポも適度で読み易い。あとは刊行ペースがもう少し速ければ……。

[image:bk1] タイトル シャドウ・テイカー 黒の彼方
シリーズ シャドウ・テイカー
著者 三上延
イラストレーター 純珪一
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2697-0
発行年月日 2004-06-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
kaiei ダーク・バイオレッツに続く三上延さんの現代ホラーアクション、シャドウテイカー。
人の心に棲む異次元の生物、カゲヌシと戦うシリーズです。
{{『同族食い』、黒の彼方に取り憑かれた}}ヒロイン、雛咲葉の運命は果たして---
主人公とヒロインのもじもじカップルぷりも注目です。

地味とか言わずにぜひ読んでみて欲しい一冊です。

[image:bk1] タイトル AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 3 中
シリーズ AHEADシリーズ 終わりのクロニクル
著者 川上稔
イラストレーター さとやす
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2698-9
発行年月日 2004-06-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
ミル兄さん ただ今読書中だったりしてます。
マジメな話をしているはずなのに、気がつけば話が妙な方向になっている「佐山世界」(?)が秀逸です。
電車の中で読んでると10分に一度は不審人物になってしまう・・・
でも、話のスケールは大きいし、キャラも生き生きしていて魅力的だし、とにかく読み進んでしまいます。

「アヘッド!、アヘッド!、ゴーアヘッド!」
そんな勢いで一気に読み進めたい作品です。

しかし、「ややエロ」ってのは・・・

[image:bk1] タイトル AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 3 中
シリーズ AHEADシリーズ 終わりのクロニクル
著者 川上稔
イラストレーター さとやす
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2698-9
発行年月日 2004-06-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
只一人 3rd-Gの「穢れ」を求める全竜交渉部隊。
その鍵は「ややエロ」と謎の女性-美影が握っていた。
伏線が張られ、過去が見えてくる中巻。
やはりギャグキャラとなってしまうのか、ややエロ!?

[image:bk1] タイトル 先輩とぼく 2
シリーズ 先輩とぼく
著者 沖田雅
イラストレーター 日柳こより
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2699-7
発行年月日 2004-06-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
練馬 面白おかしく人生を過ごすために大真面目に馬鹿なことをする「先輩」とそんな先輩に振り回されまくりつつもそんな先輩にベタぼれなためついいう事を聞いてしまう「ぼく」のドタバタほんわかラブコメディー。
実はこのカップルには重大な秘密があるのですが、それは一巻のメインテーマになってるのでここでは触れません。
この巻では新キャラの嵐ちゃんが軸になって倒錯した恋の鞘当を繰り広げます。
「ぼく」以外のほとんどのメインキャラが歯止めの利かない趣味人で構成されてるため誠にあほくさいイベントが目白押しです。

[image:bk1] タイトル 先輩とぼく 2
シリーズ 先輩とぼく
著者 沖田雅
イラストレーター 日柳こより
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2699-7
発行年月日 2004-06-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
おむらよしえ 綺麗で大好きだけど、男気あふるる言葉と宇宙人とか妙なものが好きな先輩に憧れていたぼく。なかなかうまくいっていたはずなのに、宇宙人に{{アブストラクト}}されて、先輩と{{脳みそ入れ換え}}られちゃった!先輩は妙に順応してこのまま生きるしかないって開き直っちゃうし、先輩の{{かわいい身体に入った}}ぼくは{{みょうにもてもて}}になるしで……。
電波系らぶこめなのでしょうが、主人公が妙に生真面目なのがまたおかしいのと、きのどくでにやついてしまうおかしさでした。新人さんですが、文章も上手いし、良心的なキャラクターだし。一人称が落ち着いていて安心して読めます。
この巻では、幼馴染みの嵐ちゃんが登場。彼女はなかなかいいキャラに育ってきています。