ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 発行年月日 : 2005-01-00 』 『 逆ソート順 : 更新時間 』 という条件で検索したよ!
111 件見つかりましたわ。そのうちの 1 〜 10 ( 表示数=10冊 ) 件を表示しますわ。
そうか。締切って延ばせるんだ
延ばした報酬も大きいですの!

[image:amz] タイトル 隣のドッペルさん
シリーズ
著者 砂浦俊一
イラストレーター 高橋慶太郎
レーベル 集英社スーパーダッシュ文庫
書籍コード ISBN4-08-630223-3
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
神無月 このお話はドッペルさんのお話です。
ドッペルさんとはドッペルゲンガーのことで、つまりドッペルゲンガーのお話です。

後書きを読む限りシリーズ化を前提とした話らしく、今回は世界観の設定やキャラクターの紹介などがメインのような感じではあります。
しかし、それを感じさせないような文章のテンポと内容でした。

一応ホラー系という部類なのかもしれないのですけれども、それを感じさせない作品であるため、恐いものがダメという方でも一度読んでいただけると嬉しいです。

個人的には、主人公のカップルの会話が妙につぼに嵌まりました。

[image:amz] タイトル 白人萠乃と世界の危機
シリーズ 白人萠乃と世界の危機
著者 七月隆文
イラストレーター しろ
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2912-0
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
練馬 大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時間以上はかかるだろうし、それだけ文字読んでれば多少は疲れもするものですが、この本だと多分疲れません。
戦隊物でラブコメで、何かが暴走した作品です。
まず、戦隊の名前がAV(エーファイブと読みます)この時点で何かが間違ってますが、他にもイロイロ飛ばしてます。

[image:amz] タイトル AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 4 下
シリーズ AHEADシリーズ 終わりのクロニクル
著者 川上稔
イラストレーター さとやす
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2913-9
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
極楽トンボ シリーズ全体に対しての応援です。

時間の都合で自分が過去に書いた紹介文をコピペしてます(汗
終わりのクロニクルは、自動人形であるSfが、そのAI特性を十二分に発揮してAIに弱い管理人のような人々を廃人にしてしまう素敵AI万歳作品です。

……嘘です。でもほんとです。
とにかく独自の濃い設定と造語とこれまた独特な戦闘シーンで、向く人には向くけどそうでない人にはどうにもならないという作品。ただ、都市シリーズに比べると敷居はかなり低いんじゃないかと思われますので未読の方は一度手にとってお試しください。
そしてAIスキーな人はSfをお忘れなく。人になりたい、と思考する凡百のAIとは一味違います(笑)

[image:amz] タイトル DADDY FACE メドゥーサ IV
シリーズ DADDY FACE
著者 伊達将範
イラストレーター 西E田
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2916-3
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
極楽トンボ とにかくもうなんでもありなSF。
超兵器、オーパーツ、人外、パラレルワールド、神?なんでもかんでも無いものは無いといった方がいいかも。
これだけの要素を一気にぶち込んで、ちゃんと話としてまとめているところがたいしたものです。

大変上質なエンターテイメント小説ですええ。

[image:amz] タイトル 9S V
シリーズ 9S
著者 葉山透
イラストレーター 山本ヤマト
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2906-6
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
極楽トンボ 男女間の恋愛という考えにはてんで疎い由宇がいいです。
グッド、むしろエクセレント。

[image:amz] タイトル GOSICK IV -ゴシック・愚者を代弁せよ-
シリーズ GOSICK
著者 桜庭一樹
イラストレーター 武田日向
レーベル 富士見ミステリー文庫
書籍コード ISBN4-8291-6288-0
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・イラスト部門
麻由 単なる萌え系イラストと思う事なかれ、カラーはおろか、モノクロまで徹底的に描き込まれた挿絵は昨今ではなかなか見ることが出来ない。
今回のヴィクトリカも可愛いですが、カラーのあの人が一押し。か、格好良いなぁ……!

[image:amz] タイトル 蒼穹のファフナー
シリーズ
著者 冲方丁
イラストレーター 平井久司
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2911-2
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
麻由 アニメの方は見ていなかったのですが、これは面白いですね。
根本的にはやっぱりノベライズと言うことでアニメを見た方向けなのですが、見ていない方でもファフナーの基本設定をアニメ雑誌とかで知ってさえいれば十分楽しめる造りとなっています。
ファフナーに乗って戦闘するシーンの描写が熱くてエッチくていい感じ。
……続編でないかなぁ。是非ともアニメ全話分やって欲しいと思っているのですが。

[image:amz] タイトル シャドウ・テイカー 3 フェイクアウト
シリーズ シャドウ・テイカー
著者 三上延
イラストレーター 純珪一
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2899-X
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
麻由 葉、葉、葉! いやぁ可愛いよ葉ホント可愛いよ。
今時懐かしい少女漫画系の遅々として進展のない恋愛関係にこっちがやきもき。ホント、裕生も葉も可愛いです。
かといって、それだけでは終わらない。異能力バトルものとしてもなかなかどうして面白い。裕生と"{{"葉に棲みつくカゲヌシ、黒の彼方"}}"との駆け引きもいい感じ。
六月には最終巻が出ます。楽しみ。

[image:amz] タイトル 白人萠乃と世界の危機
シリーズ 白人萠乃と世界の危機
著者 七月隆文
イラストレーター しろ
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2912-0
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
極楽トンボ 吹っ切れた暴走コメディ。
作者の人に何があったんだろう、とか思ったくらいやりたい放題のコメディです。
ドクロちゃんがごく普通の作品に見えてくるぐらいぶっ飛んでます。
まあご一読ください。
気に入る保証はしませんが、確実に何かをあなたの中に残していくでしょう。

[image:amz] タイトル ポストガール 4
シリーズ ポストガール
著者 増子二郎
イラストレーター GASHIN
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2908-2
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
極楽トンボ 終わってしまった……

郵便を運ぶ仕事を請け負い、いろいろな街をいろいろな人を訪ねるメルクリウス(要はAI)の少女・シルキーが主人公の物語。
ロードノベルに近いものがあります。
AIにバグがあり、感情を持ってしまったシルキーの複雑な思いを淡々とした筆致で連作短編形式で見事に描き出してます。
AI好きも是非お読みください。