ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 イラスト評者 : 松葉蕗 』 という条件で検索したよ!
10 件見つかりましたわ。そのうちの 1 〜 10 ( 表示数=10冊 ) 件を表示しますわ。
19世紀のゴシックリバイバルで黒が流行したのは、ビクトリア女王がアルバート公の喪に服したことが発端なのか
モーニングファッションですの。って何を真顔で調べてるんですの!

[image:amz] タイトル アリソン III 上 ルトニを車窓から
シリーズ アリソン
著者 時雨沢恵一
イラストレーター 黒星紅白
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2629-6
発行年月日 2004-03-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
松葉蕗 上巻の旅をしている場面が好きです。
特に早朝の、列車を待っているヴィルや、皆と再会する場面。そのほのぼのとした様子。
深夜のアリソンとある人物とのやり取り、アリソンのもどかしい気持ちが、暖かくて、
読んでいてとても心が癒されました。
下巻は話が大きく動きますが、上の巻の導入部もとても素敵です。
冒頭の文章や、挿入される独白は、上巻だけだと、とても不安なんですが、下巻を読むと
かなり感慨ぶかいですよ。
もう一度読み返したい一冊です。
応援メッセージ・イラスト部門
松葉蕗 アリソンでは、黒星さんの描く凛々しい少年や素敵なおじ様が見れます。アリソンは気の強い感じが、良く出ていますね。

[image:bk1] タイトル 撲殺天使ドクロちゃん 3
シリーズ 撲殺天使ドクロちゃん
著者 おかゆまさき
イラストレーター とりしも
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2637-7
発行年月日 2004-03-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
応援メッセージ・イラスト部門
松葉蕗 小説の合間に入る"アイキャッチ"のイラストが楽しいです。思わずクスリ、と微笑んでしまいます。ビックリマンシールなどお菓子のおまけ風味で懐かしいです

[image:bk1] タイトル 機械仕掛けの蛇奇使い
シリーズ
著者 上遠野浩平
イラストレーター 緒方剛志
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2639-3
発行年月日 2004-04-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
松葉蕗 話の終りから最後まで、貪るように読んだ本です。
ルルドが愉快そうに暴れてる場面が、読んでてこちらも楽しくなりました!
ネタばれぶりにびっくりです。女って恐ろしい…。
最後の場面では読んでて、泣きそうになりました。
優しい気持ちになれるのですけど、切ないです…。
著者のほかの作品も読んでる方が見て、ニヤリとさせられます。
ファンタジーで、とても楽しく読める冒険活劇なんですけど、一味違います。少し捻って有ります
応援メッセージ・イラスト部門
松葉蕗 カミング博士の渋さにメロメロです。緒方さんの描く爺は良い…
悪役やクリチャーから幼女、美少年、お姉さまと盛り沢山です。
この本は、緒方さんの担当された挿絵の中でも、抜きん出て素晴らしいと思いますよ。
透明感があってキラキラしてて無機質で、金属的な感じが合っています。
小説の内容ともマッチしています。

[image:bk1] タイトル Missing 11 座敷童の物語・完結編
シリーズ Missing
著者 甲田学人
イラストレーター 翠川しん
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2703-9
発行年月日 2004-07-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
煉紅 少しずつ学園に広まっていく怪奇。
それに挑んでいく文芸部の面々。それぞれの思惑を抱えながら
動き回るキャラの心理状態が良く書かれていて良かった。
松葉蕗 読んでいて、背後に何かの存在を感じ、振り返りながら毎回読んでます。
また、この作品からは、身の毛もよだつ「痛み」を感じます!心の痛み、とかじゃなくてダイレクトな、刺されたり切られたり、という「痛み」です。
例えばネタばれする場面とか、もう、読んでいて鳥肌が立つっていうか…、
「ひ、ひぃやあー」とか変な声を出してしまいます。汗。
読んでいて涙目になります。ネタばれなんか、あれを読んで以来、わたしは「蝗の佃煮」や「蜂の子」が食べられなくなりましたね。 それ位、破壊力のある小説です。
いじめとか、仲間との愛憎とか楽しいだけじゃない思春期のドロドロとホラーが上手く合わさってます。
応援メッセージ・イラスト部門
ぎをらむ カラーの絵も緻密で凄いですが、章間に挿入される黒バックの見開きのモノクロイラストも残忍さと静けさが両立していて綺麗です。この作品は章の終わりがだいたい静かに引いていくのですが、そこであの黒バックの見開きイラストがバーンと出てくると、恐い=静謐=綺麗という妙な関係が成立してしまうのです。粋な演出だと思います。
松葉蕗 現在の電撃文庫の挿絵は、ほとんどがCGなのですが、その中にあって翠川しんさんの
カラーインクのイラストは、とても目立ちます。
CGよりも緻密で透明感と光沢感がでていると思います。
魔女の挿絵など血みどろのカラーが多いんですが、この鮮やかな毒々しい色は
CGでは出せないでしょう。
血生臭い物騒な作中描写が多い作品ですが、翠川しんさんの清潔感のある絵が中和し
さらに静謐な恐怖を引き立ててます。

[image:amz] タイトル ビートのディシプリン SIDE3
シリーズ ビートのディシプリン
著者 上遠野浩平
イラストレーター 緒方剛志
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2778-0
発行年月日 2004-09-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
松葉蕗 ネタばれ"が可愛いんです。本屋で連載されていた電撃hpを立ち読みしてて悶えました。
最終章では、どうなるんじゃぁぁ!とハラハラしながら読みました。
ブギーポップで御馴染みの、あの方が沢山登場して大暴れしてます。
ブギーポップの謎の組織、ネタばれが大好きな方にオススメです。
最終章の戦いは、手に汗握って読みました。上遠野作品の中でも秀逸なバトル場面だと思います。
応援メッセージ・イラスト部門
松葉蕗 この単行本では、「何があったの!?」と思うくらい、緒方さんの描かれる少年が
可愛らしくなっています。食事場面の挿絵やコマ分けで表す場面が、その瞬間、瞬間を
捕らえてて上手いと思います。
表紙の絵が衝撃的でした。雑誌連載時のカラーだった見出しページは、フォルテッシモのファンは必見です。ネタばれなんです…!!

[image:amz] タイトル 撲殺天使ドクロちゃん 4
シリーズ 撲殺天使ドクロちゃん
著者 おかゆまさき
イラストレーター とりしも
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2784-5
発行年月日 2004-09-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
松葉蕗 あとがきに、騙されました(笑)ビックリしますよ!
南さんが可愛いんです…!ツンデレ?好きな方は是非。
いろんな人があんな事になったり、どうなるの!?と心配しながらも
笑いました。途中ネタばれのネタがあるのですが、
読んでて、お茶を噴出してしまいました。
リッパー 修学旅行「そうだ京都へ行こう」(鈍行&特急)編を収録。
撲殺された桜クンの脳漿が清水の舞台からキラキラと舞い落ちる様に雅の心を見ました。
ひさ 信じちゃいなかったけど3巻での「完」もやっぱりネタだったし。他の電撃
作家陣や電撃作品ネタを積極的に盛り込み出したのはこの巻からだったかな?
その辺りに関しては、読んでて笑えたりびっくりしたり楽しかったりなので
文句無し。まともにラブコメやってるのは結構意外だった。南さんが可愛いよ。
極楽トンボ 意外と根っこはしっかりしている撲殺無軌道ラブコメ。
アニメ化するとか半分冗談で言ってたら、いつの間にかほんとにアニメにもなっちゃいました。

一度は読んどいて損はないと思いますよ! たぶん。
応援メッセージ・イラスト部門
松葉蕗 ネタばれ侍のイラストには度肝を抜かれました!!大興奮です☆
紙様 修学旅行のお風呂シーンが描かれていたので満足です(マテ)

[image:amz] タイトル キノの旅 VIII the Beautiful World
シリーズ キノの旅
著者 時雨沢恵一
イラストレーター 黒星紅白
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2832-9
発行年月日 2004-10-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
いわし 人間キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅の話。
短編連作の形で綴られる独特の世界は読む人を時にうならせ、時に笑わせ、時に深く考えさせます。

広大な地平をモトラド(注・二輪車。空を飛ばないものだけを指す)で走っていくと
城壁に囲まれた国家や街が存在して、最長三日間の滞在、そしてまた旅立つ。
…というのがキノの旅の基本な気がしますが、その国というのがどれもこれも癖のある変な国です。
愛用のハンド・パースエイダー(注・パースエイダーは銃器。この場合は拳銃)でアクションも魅せてくれますし
シリーズ全体通して大好きです。各短編の時系列がバラバラだったりするので
読み進めるうちに思わぬところで以前の短編との絡みがあって…。

今巻は『悪いことはできない国』『歴史のある国』『愛のある話』『ラジオな国』『救われた国』『船の国』etc…
色々収録されてますが、自分が好きなのは「歴史のある国」かなぁ。
煉紅 キノが様々な国々を訪れる話です。
キノが訪れる国々はいろいろな文化があったりして時には皮肉をもって語られます。
短編形式で語られるのでライトノベル初心者でも読みやすいと思います。
松葉蕗 「歴史のある国」は、私は師匠とハンサムのコンビが好きで、読んでいて燃え燃えしました!(誤字にあらず)
「船の国」はキノの旅にしては珍しく大長編です。シズさま大活躍。
また、冒頭の「渚にてb」は、あちこちで物議を醸しておりますが、
僕もキミもアナタも、この八巻を読んで冒頭の文章の意味を、
色々と妄想を膨らませてみませんか?
応援メッセージ・イラスト部門
松葉蕗 黒星さんの抑えた色調が大好きです。
目が大きいアニメ絵なんですが、細かい書き込みと、背景など建物の書き方
モノクロ一色では空気を感じさせる絵が、絵本みたいです。
あと、ネタばれが素晴らしいです。エルメスは機械だけど喋りそうな感じが出てます。
ぎをらむ モノクロの挿絵が好きです。トーンが全く無くて黒と白だけのシンプルなイラストですが、とてもダイナミックです。多分こういうイラストはアニメでもコミックでも大々的に使うことが難しい、挿絵だからできるものです。こういう挿絵の画風や使い方を、ライトノベルはもっともっと追究していって欲しいですね。

[image:bk1] タイトル Alice
シリーズ
著者 川崎康宏
イラストレーター エナミカツミ
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2838-8
発行年月日 2004-10-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
紙様 『熊』

この一言でこの作品のキモは語れる(笑)
それくらいボー・ボーのインパクトが凄まじかった。
とりあえずボー・ボーを考え付いた川崎先生の一人勝ちというかなんと言うか……まあ「熊」ってこと。
一歩 くま。
っくまーーっっ。

いや、お話自身どうやねん、とか応援するほど好きなのか、と言われると、
えーとー

とにかくクマ。
半々's 全作品に漂う「知っているのに知らん振り感」でその名も高い所には高き、作家川崎康宏、地味魂の一冊。
全編にあふれる狂おしいまでのB級ボンクラアクションにして、クレーターの中心で資源の大切さを諭す変な意味で感動大作、そしてクマを、この一冊にすっとぼけつつ入れていく様は素直に脱帽です。 正直、グリズリーが一番印象的ってどういう本なんだろうと、思わなくも無いですけどね!
まるお 「侮るなかれ和の心」と、カナダ出身の熊が説くような小説です。
"それでもいい"或いは"それはいい"と思えるような方にオススメ。
いわし 皆さん仰ってますが「クマ」凄い印象的ですね。
「これしかない」って位見事なイラストと相まって凄い存在感を発揮してます。
…も、もちろんそれ以外のキャラクターも素敵ですよ?
漂うB級っぽさと、完璧過ぎないキャラクター達は魅力です。
…あれ?人間的に一番出来ているのはボー・ボーな気が…
麻由 熊。
くま。
クマ。

とにかくクマーな作品。タイトルは『Alice』なのに、という気はしますが。
サムライな熊が全身サイボーグと戦う話です。アリスも可愛いですがとにかくクマー。
松葉蕗 エコロジーと脱力系お笑いが、全編を貫きます!
クマのマジなのかボケなのか、悩むネタに大笑い★
爆雷王のフリーダムポテトのネタに「そうなのか!?」と勉強になりました。
こんな日本は素敵です。
目茶んこなんですけど、違和感が無いんですっ
R・B 熊です

この作品の主役は誰がなんと言おうと熊です。譲れません。

熊だけでここまで熱くなれる作品は今後二度と現れることはないでしょう。
カルチャーショックを受けたい方にお勧め……か?
ひさ く、くまー。熊超最高。探偵事務所連中のすっとぼけた絡み合いが笑えて面白い。
強い女の子から恋する女の子に変わる時のアリスが可愛い。続編希望。激しく希望。
黒雨 川崎康宏センスがめっちゃ光ってますね。

『銃と魔戮・藺疹・僂錣辰討い討癲∪瀋蠅倭衒僂錣蕕裟邵蟾・┐了・張屮薀奪・罅璽皀△・鐔蠅帽 * ・辰討い董△修涼罎悩郤圓里△離札鵐糠 * ・靴織疋織丱新燹・箸いΔ・惱討繁睨 戮茲蠅發世い嵜焚修靴討泙垢茲諭
やべーやべー。もう何も言葉が出てこねーくらい打ち震えた。

設定も過激ならドタバタ劇も過激。過激に感激するしかないない。
柚熊猫 もちろん二足歩行の熊、ボーボーは素敵。
主人公アリスのほのかな恋愛模様(ひたすら間が悪く、ひたすら気の毒な彼…)、
けっこうちゃんとした友情模様も良い感じです。
探偵事務所のもう一人のメンバーも個性的。
アクション満載(そして最大の見せ場担当は熊)の娯楽作。
極楽トンボ 川崎康宏テイストがあふれた作品。
アメリカンジョークっぽいちょっとひねった表現はニヤリとするか、あるいは人によってはおもしろくもなんともないであろう事は確実。
ものすごく人を選ぶけど、病みつきになるそれが川崎作品です。
こんなのゼッタイ他の人には書けねー。

さて。
今作の場合は……
クマです。クマ。
主人公は一応Aliceですが、真の主人公はクマです。
疑うなら中をお読みください。誰もが納得することでしょう。
TD 川崎康宏B級アクション娯楽超大作。
そしてクマ
応援メッセージ・イラスト部門
いわし エナミカツミ先生の絵は好きなので他のキャラも素晴らしいとは思うのですが…
あのグリズリーをあれほど見事に描けるイラストレーターさんは少ない気がします(あくまでも主観)。
小説の方の応援メッセージと同じで「要はクマ」みたいになっちゃってますが、
このイラストが妙にデフォルメされていたりしたらボー・ボーの魅力は活かしきれなかったんじゃないかなぁ、と。
松葉蕗 表紙を捲って最初の扉絵を見て、度肝を抜かれましたね!
皆さん、「クマ」ってらっしゃいますが猫も可愛いですよ!
アリスの中身は大変な女の子なんだけど、恥らってるイラストとかも良い味です。
爆雷王もスゴイっす。

[image:amz] タイトル しずるさんと底無し密室たち
シリーズ しずるさん
著者 上遠野浩平
イラストレーター 椋本夏夜
レーベル 富士見ミステリー文庫
書籍コード ISBN4-8291-6284-8
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
toshi-ko 妙な死体を推理する、しずるさんとよーちゃんのシリーズ2作目。
テーマは密室。

1作目に比べると、奇妙な死体っぷりはトンデモミステリーっぽくなくなった気がするんだけど、それでもやっぱりありえなさそうな死体っぷりは相変わらず、

基本的な部分はしずるさんとよーちゃんの会話だけでほとんど終ってしまうんだけど、

だが、そこがイイ!!

ミステリアスなしずるさんと、よーちゃんの二人だけの世界って、素晴しい!?
煉紅 しずるさんシリーズの二冊目。
ほとんどをしずるとよーちゃんの会話で終わってしまい緊張感とは
皆無な様子だけれどそこがいい味を出しています。
間にある小話も面白いです。
ぎをらむ しずるさんとよーちゃんは病室という密室の中から旅をします。
殺人事件の話題を通して外の世界へ。
はりねずみ「チクタ」の物語を通して内の世界へ。
これは、しずるさんとよーちゃんが外と内の世界を行ったり来たりする物語です。
永瀬望 Rocking Chair Detective Story いわゆる安楽椅子探偵もの。
ライトノベルでありながら結構話がまとまっています。

最初は絵師買いだったのですが、内容も当りだと思っています。
特に難しい言葉をほとんど使わず、また出たとしても
相方のよーちゃんに説明する形で、補足されます。
そうして、不思議な事件の解答を小さな部屋から一歩も出ずに
示すのですが、もっとも不思議なのは、しずるさん自身という
雰囲気が良いです。

ちなみにこれは2巻目で、1巻目もオススメです。
狩田英輝 不思議な事件のお話、と見せかけて、実はそれをケーキのクリームの様に間にはさんだ、しずるさんとよーちゃんの甘くて苦いやりとりがメインの百合小説だったりします。

甘さと苦さのまじり加減、惹かれあいながらすれ違い、すれ違いつつも惹かれあう二人の書き方が実に絶妙。
松葉蕗 間の小話「チクタ」の、少し抜けていて一生懸命な様子が可愛いです。
その物語を創造するやり取りをしてる、二人の少女の姿が、とても可愛くてそして切ないです_。

最初は、他の上遠野作品とカラーが違いすぎて戸惑いましたが
(しずるさんは、こう推理してるけど、矢張り宇宙人や人造人間の仕業に違いないよ、という感じで…。)

読み進めていくうちに、二人のやり取りが微笑ましくて、でも切なくて__!
と、何故かハラハラしてしまいます。「吸血植物」の夏場の草むらの場面が好きです。

そして、しずるさん名推理の場面になると、ビックリします。
「しずるさん、ずっと病室にいるのにスゴイじゃないか!一体、何者!?」と。
応援メッセージ・イラスト部門
ぎをらむ 単行本のイラストも素晴らしいのですが、雑誌掲載時はもっと素晴らしいです。(どういう訳か雑誌掲載時のイラストはほとんど単行本に載りません。)単行本でハマッた方は、是非、雑誌でもご覧下さい。
最初にしずるさんとよーちゃんに羽が生えた時は、しずるさんは悪魔、よーちゃんだけが天使でした。二人とも天使の羽が生えるようになったのは、富士見ミステリー文庫のシンボルマークが白い羽に変わったためだそうです。
リッパー よーちゃんがひたすらにかわいくてかわいくてかわいくてかわいくてかわいくてかわいくてかわいくてかわいくてかわいくてかわいくてかわいくてかわいくてかわいいいんじゃーーー!!!
永瀬望 カラー部分は、担当さんからの指定がイメージ優先で自由にという話で、作家さんの
ゴシックファッション好きというカラーが出ています。
挿絵部分はそれとは逆に、話の節目を的確に捉えた場所に解りやすさを重視した
内容になってます。

本編の内容に合わせて見事に描き分けていて見事です。
玲朧月 椋本夏夜さんのイラストは美しいの一言で済ましてもよいのですが、他作品に描いているイラストと並べてみるとすごいことに気が付きます。
どの作品のキャラクターかが見てわかるということに。
技法を変えているのではなく、キャラごとにきちんとデザインして描きわけているわけですね。
しずるさんシリーズではゴシックロリータ系のファッションがよく出てきますが、フリルひらひらのこのファッションを見るのはいつも楽しみです。
松葉蕗 表紙のしずるさんの豊かな胸元は、女性の私が見ても魅入られてしまいます。
質感、艶、重量感といい、素晴らしい表現力だと思います。
カラーイラストの文章、「檻の中の鳥は、翼があっても 飛べないのか、飛ばないのか-」の
文章に、表紙やカラーイラストが見事に添っていて素晴らしい。中表紙のネタばれしずるさんなんか本当に上手いなぁ、と感心させられます。
本文のイラストは、カラーと比べると、地味ですが手堅く場面を抑えていてより、物語に
入り込みやすくさせてくれます。

[image:amz] タイトル 禁涙境事件 Some tragedies of no‐tear land
シリーズ 事件
著者 上遠野浩平
イラストレーター 金子一馬
レーベル 講談社ノベルス
書籍コード ISBN4-06-182404-X
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
松葉蕗 多くの女子の方がネタばれに悶絶されたようです。
無謀にも自分、このシリーズを四冊目のこの本から読み始めたのですが
立ち読みしてて一気に半分まで読みました。
それ位ヤバイ面白さです。
応援メッセージ・イラスト部門
松葉蕗 表現しがたいシュールな"事件"の世界を見事に表現。
そして美麗に展開しています。この巻から挿絵に柔らかさが加わった気が致します。
とにかく、美しい…!金子さんの才能は、突き抜けてます。
上遠野さんの小説には無機質な絵が良く似合う。