ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 発行年月日 : 2004-12-00 』 という条件で検索したよ!
95 件見つかりましたわ。そのうちの 86 〜 95 ( 表示数=10冊 ) 件を表示しますわ。
べるのー、ぼくたちいつまで働いてればいいわけ?
24時間戦えますか? つまり休憩はなしですの……労働基準法違反ですの(怒)
うーくそ、そのうちスト起こしてやるー

[image:bk1] タイトル ガンズ・ハート 4 硝煙の彼方
シリーズ ガンズ・ハート
著者 鷹見一幸
イラストレーター 青色古都
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2886-8
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
応援メッセージ・イラスト部門

[image:bk1] タイトル MM 記憶師たちの夜明け
シリーズ
著者 吉田親司
イラストレーター 3
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2887-6
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
読丸 軽妙な語り口とずっしりした世界設定のギャップに酩酊してしまう本作、マザコン主人公の美人巨乳ママの存在感は圧巻です。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:bk1] タイトル 埋葬惑星 III Bloody Moon Holy Night
シリーズ 埋葬惑星
著者 山科千晶
イラストレーター 昭次
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2888-4
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
九乃 埋葬惑星も3作目、そして主人公の少女のひとつの区切りとなる作品だと思います。
{{「ボク、ビームも出ないし、役立たないから……」}}
の台詞もあってもやっぱりモノローグとジョーイのコンビが好きですね。
次は埋葬惑星とは別作品になりそうとのことですが、
この3作品、個人的に『好きだ』と言いいたい物語でした。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:bk1] タイトル アガルタ・フィエスタ! てのひらに女王を!
シリーズ
著者 三田誠
イラストレーター 双龍
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2889-2
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
煉紅 ひょんなからアガルタ・ドールのマスターになってしまった八王子まどかが
さまざまなやっかいごとに巻き込まれていく話です。
見所は様々な秘宝を使ったアクションでしょうか。
まどかとイセリアの組み合わせは良いです。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:bk1] タイトル 最後の夏に見上げた空は
シリーズ 最後の夏に見上げた空は
著者 住本優
イラストレーター おおきぼん太
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2890-6
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
極楽トンボ 2巻までを通しての応援です。
SF的な設定は確かにツッコミのはいる余地が大いにあるんですが、
そんなものはどうでもよろしい(と、敢えて言いきります)
大事なのはこれが教師と女性との恋愛物語が本質であるということ。
それだけでもう、読む理由には充分だと思います。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:bk1] タイトル カレとカノジョと召喚魔法 2
シリーズ カレとカノジョと召喚魔法
著者 上月司
イラストレーター BUNBUN
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2891-4
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
平和 1巻がかなりお気に入りだった(詳細は1巻のコメント参照)ので、2巻の発売は嬉しかったです。
この巻の見所は、新登場の人物たちでしょう。特に{{見かけは子ども、でも700歳の天使}}であるセーレウス(表紙の金髪女の子)が素敵です。
シリーズとしては、1巻を受けての、構成の再構築・今後への伏線も見逃せません。
これを書いている時点で3巻が発売され、4巻も発売予定です。
煉紅 街で起きたポルターガイストを解決するため遊矢と雪子が乗り出します。そんなとき
表紙ににもいるセーレウスと出会います。
終盤にかけてのこの少女に関わる話は思わず涙が出てしまいました。
雨空陽明 セーレウスかわいいよセーレウス
応援メッセージ・イラスト部門

[image:bk1] タイトル マージナル・ブルー 空曜日の神様
シリーズ
著者 水落晴美
イラストレーター 狐印
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2892-2
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
応援メッセージ・イラスト部門

[image:bk1] タイトル 撃墜魔女ヒミカ III
シリーズ 撃墜魔女ヒミカ
著者 荻野目悠樹
イラストレーター 近衛乙嗣
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2893-0
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
応援メッセージ・イラスト部門

[image:bk1] タイトル スカイワード 3
シリーズ スカイワード
著者 マサト真希
イラストレーター 橘由宇
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2894-9
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
煉紅 本格的に隣国と戦争へと突入し全体的に雰囲気が暗くなってきたけれども
それだけに主要キャラが必死に生きようとする姿に勇気が出てきます。
特に絶望する民衆に舞巫女姫ナナが語りかけるシーンは感動します。
アケルとナナに幸せがあらんことを願いたいです。
浅木原忍 戦争が始まり、運命の奔流に二人は翻弄される。青臭い理想を吐きながら、勝ち目のない現実に必死に抗おうとする二人の姿にただただ血がたぎる1冊。そして4巻は、4巻はまだかー!(泣
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル 図書館のキス 福音の少年
シリーズ 福音の少年
著者 加地尚武
イラストレーター 中臣亮
レーベル ぺんぎん書房
書籍コード ISBN4-901978-41-1
発行年月日 2004-12-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
有里 あるアニメの二次創作作品としてパソコン通信ニフティにアップされの
べ30万人が読んだというWeb小説『福音の少年』(ISBN4-901978-16-0)の続編。

1899年の「来訪」によって日常的に『魔法』が使えるようになった世界で、御厨恵は、錬金術師の父と魔女の母をもつ平凡な中学生だった。だが、父・象山が作ったホムンクルスのアナと上級魔法使いの少女・大場エリカが同居することになったときから、恵の平和な日常は崩れ、世界の存亡を左右する大事件に巻きこまれていく……。

というのが前巻で、これはその後のお話。

一応の主人公である少年少女たちよりも脇役の大人たちの描き方がいいんですよ。
ライトノベルというよりも中年のためのヤングアダルト小説といった感じ。
今回もファンキーな錬金術師オヤジの御厨象山が良かったです。中年おやじが臆面もなく奥さんをお姫様抱っこ! えらいぞ。
あとはウィズ・ブリティッシュがかっこよかった。新キャラの大場京介もなかなか。次作でも活躍してくれるといいんですが。
玲朧月 前作はネットでオリジナルVerをほぼリアルタイムで読んでいましたが、それが一般書籍になり、さらに続編まで読めるとは…。ちょっと感慨深い。

前作とはうって変わって世界の滅亡に直結する大事件など起きずに平穏に日常と青春のラブストーリーでもなるのかと思わせておきながら急転直下の大事件。
小説の主人公(とその恋人たち)は大変です。
静かにちょっとした出来事が起きて、それが世界の根幹を揺るがす大事件に発展して、主人公たちは巻き込まれて大変なめに会うのがパターンなのですが、このシリーズでは脇役である大人たちの行動や思惑がかなりの紙数を費やして書かれているのが特徴。
つまり大人たちが本当の意味での主役とさえいえるかも。
応援メッセージ・イラスト部門