ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 イラスト評者 : 練馬 』 という条件で検索したよ!
5 件見つかりましたわ。そのうちの 1 〜 5 ( 表示数=5冊 ) 件を表示しますわ。
ああ、紙よ。積み深き我が身をお許しください
祈ってる暇があったらさっさと新刊読みなさいってば

[image:amz] タイトル 三月、七日。
シリーズ 三月、七日。
著者 森橋ビンゴ
イラストレーター 世良シンヤ
レーベル ファミ通文庫
書籍コード ISBN4-7577-1835-7
発行年月日 2004-05-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・イラスト部門
練馬 この作品には、アニメ塗りとかよりも、こういう素朴な感じのイラストがあっていると思います。

[image:amz] タイトル 涼宮ハルヒの消失
シリーズ 涼宮ハルヒ
著者 谷川流
イラストレーター いとうのいぢ
レーベル 角川スニーカー文庫
書籍コード ISBN4-04-429204-3
発行年月日 2004-08-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・イラスト部門
練馬 あえて言う。長門は眼鏡ない方がいい。
後、この節目の巻で、{{消えたハルヒの変わりに現れた浅倉を}}一巻のハルヒの鏡写しの構図で入れた表紙イラストはなかなか面白いです。

[image:bk1] タイトル バッカーノ! 1933 上 THE SLASH 〜クモリノチアメ〜
シリーズ バッカーノ!
著者 成田良悟
イラストレーター エナミカツミ
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2787-X
発行年月日 2004-09-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・イラスト部門
練馬 上下巻構成の本で表紙も対になっている。こういう仕掛けには弱いのです。
後、ラストのクレア。

[image:amz] タイトル 刹那 そのとき彼女が願ったこと days of Broken Blood
シリーズ BLOODLINK
著者 山下卓
イラストレーター HACCAN
レーベル ファミ通文庫
書籍コード ISBN4-7577-2084-X
発行年月日 2004-11-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・イラスト部門
練馬 あえて作中で殆ど語られてない時間をカラーイラストに持ってきてますが、逆にそれが恐るべき強力な破壊力を有してます。
またHACCANさんのどこか儚げなイラストがいいんです。

[image:bk1] タイトル 銀盤カレイドスコープ vol.4 リトル・プログラム:Big sister but sister
シリーズ 銀盤カレイドスコープ
著者 海原零
イラストレーター 鈴平ひろ
レーベル 集英社スーパーダッシュ文庫
書籍コード ISBN4-08-630224-1
発行年月日 2005-02-00
備考
書店 amz / bk1絵 】
応援メッセージ・イラスト部門
練馬 表紙イラストが姉妹中を見事にあらわしていると思います。
後、最初の演技中のイラストと、最後の演技中イラストが、それぞれ、どん底の精神状態と、これ以上無い満足感を表していていいと思いました。