ユーザーメニュー ログイン
メールアドレス

パスワード

ネタばれ非表示
最近の応援 ダビデの心臓神無月さん (05/23 05:21)『この話はあらかじめ続き物を前提として書かれているらしく、この一冊... 隣のドッペルさん神無月さん (05/23 04:43)『このお話はドッペルさんのお話です。 ドッペルさんとはドッペルゲンガ... フォーラの森砦V3 下 セブン=フォートレス リプレイ神無月さん (05/23 04:36)『これはきくたけリプレイです。 しかしいつものきくたけリプレイとは違... 涼宮ハルヒの消失神無月さん (05/23 04:26)『この作品は私の中ではシリーズ中1,2を争うほどの出来だと思っておりま... 神様だよ、全員集合! 総理大臣のえる!神無月さん (05/23 04:20)『基本的にはコメディです。 しかし、読んでいてはっとさせられるほどに... キリサキ神無月さん (05/23 04:13)『LOVEに見せかけて普通にミステリーをしている作品でした。 多少謎解... 食卓にビールを神無月さん (05/23 02:45)『この作品は、女子高生で物理オタクで小説家で新妻という主人公が、様... 黒と白のデュエット Op.2神無月さん (05/23 02:32)『一巻ではミステリーという感じではなかったものの、2巻では割とミステ... ネコソギラジカル 上 十三階段ミズノトリさん (05/23 01:28)『西尾維新の代表作・《戯言》シリーズの完結編の序章。 いよいよクライ... 白人萠乃と世界の危機練馬さん (05/23 01:21)『大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時...

応援メッセージ検索結果

『 発行年月日 : 2005-01-00 』 という条件で検索したよ!
85 件見つかりましたわ。そのうちの 76 〜 85 ( 表示数=10冊 ) 件を表示しますわ。
見えます。今閲覧しているあなたは男ですね? 私には全てが見通せるのです
そりゃぜったい5割以上の確率で的中するよなあ。インチキくさ
お黙りっ!

[image:amz] タイトル ポストガール 4
シリーズ ポストガール
著者 増子二郎
イラストレーター GASHIN
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2908-2
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
らっこ 四巻で完結していますが、全巻通して安定しています。短編連作ですが、どのお話も落ち着いています。勢いが先行しやすいラノベの中では珍しいのではないでしょうか。締めくくる最終話はもちろん、いずれの物語もきれい過ぎますが、ロボットを主人公に据えているので嫌味はありません。ロボットを通して人間を見つめると言うのも、なかなか乙です。
極楽トンボ 終わってしまった……

郵便を運ぶ仕事を請け負い、いろいろな街をいろいろな人を訪ねるメルクリウス(要はAI)の少女・シルキーが主人公の物語。
ロードノベルに近いものがあります。
AIにバグがあり、感情を持ってしまったシルキーの複雑な思いを淡々とした筆致で連作短編形式で見事に描き出してます。
AI好きも是非お読みください。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル 吸血鬼のおしごと SP The Days Gone By
シリーズ 吸血鬼のおしごと
著者 鈴木鈴
イラストレーター 片瀬優
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2909-0
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル 結界師のフーガ 3 見えない棘の家族
シリーズ 結界師のフーガ
著者 水瀬葉月
イラストレーター 鳴瀬ひろふみ
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2910-4
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
toshi-ko 結界師で逃がし屋の隻腕ハードボイルド系ヒロイン、絵馬と愉快な仲間たちの第3巻。
ようやく、左手を失った過去の事件が明らかになる編。

元々、メイドさんが出てるからと言う安直な発想で買った訳なのだけど、

シナリオプロット、謎解き辺りはしっかりしており、逃がし屋3人の役割分担がしっかりしてきた所、戦闘描写における隻腕のハンデなどの描写がしっかりしてきている分、以前の1、2巻よりも完成度が上がってます。

メイドが出てくるが、個人的には萌え系として楽しめる作品ではないと実感してるのですが、ジャンル的に妖怪が出てくるミステリーが好きな人向けと言ったところでしょう。
煉紅 絵馬が隻腕となった過去が明らかになります。
終盤の絵馬の鬼気迫るシーンは読み手をドキドキさせます。
この巻のテーマは個人的には『親の愛は素晴らしい!』でしょうか
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル 蒼穹のファフナー
シリーズ
著者 冲方丁
イラストレーター 平井久司
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2911-2
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
浅木原忍 原作アニメのグダグダだった序盤が、冲方の手にかかるとここまで変わるのか!という感動。
秀逸な少年少女群像劇として、冲方がアニメでやり損ねたことを存分に詰め込んだ1冊。
アニメ観た人には絶対の自信を持ってオススメ。観てない人は……アニメを観る際にはご注意を。いや、2クール目からは面白いですよ?
麻由 アニメの方は見ていなかったのですが、これは面白いですね。
根本的にはやっぱりノベライズと言うことでアニメを見た方向けなのですが、見ていない方でもファフナーの基本設定をアニメ雑誌とかで知ってさえいれば十分楽しめる造りとなっています。
ファフナーに乗って戦闘するシーンの描写が熱くてエッチくていい感じ。
……続編でないかなぁ。是非ともアニメ全話分やって欲しいと思っているのですが。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル 白人萠乃と世界の危機
シリーズ 白人萠乃と世界の危機
著者 七月隆文
イラストレーター しろ
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2912-0
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
いわし 「Astral」「フィリシエラと、わたしと、終わりゆく世界に」などの作者である
今田隆文先生が、『七月隆文』に改名後初めて出した作品が本作です。
注意点が、1つ。
本作は表紙からして分かるとは思うのですがそれ等の作品とは全く趣が異なります!
「ドタバタコメディ」というヤツでしょうか。あらすじを読んだ時点で
この作品が何だかおかしな事になってる(褒め言葉)事に気付けます。
小説の枠を超えた"遊び"に力を入れたシリーズで、
個人的にはこの遊びっぷりだけでも見る価値あると思いますよ。
2巻はもっとスゴイ事になってますし。
ひさ 色んな意味で中身が危険物なもんで、取り扱いには充分注意しましょう……と
念を押しておかなければ何だか遣り切れない困った作品。でも個人的には一杯
笑わされてしまったのでこちら側の負けかなと。それから本当に好きなように
活き活きと描いている感じが文章に乗っている辺りは意外と好感触だったかも。
極楽トンボ 吹っ切れた暴走コメディ。
作者の人に何があったんだろう、とか思ったくらいやりたい放題のコメディです。
ドクロちゃんがごく普通の作品に見えてくるぐらいぶっ飛んでます。
まあご一読ください。
気に入る保証はしませんが、確実に何かをあなたの中に残していくでしょう。
練馬 大抵の人は文庫一冊読むのに、ページ数にもよりますが、1時間半〜2時間以上はかかるだろうし、それだけ文字読んでれば多少は疲れもするものですが、この本だと多分疲れません。
戦隊物でラブコメで、何かが暴走した作品です。
まず、戦隊の名前がAV(エーファイブと読みます)この時点で何かが間違ってますが、他にもイロイロ飛ばしてます。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 4 下
シリーズ AHEADシリーズ 終わりのクロニクル
著者 川上稔
イラストレーター さとやす
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2913-9
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
F2@Death March中 主人公佐山・御言が全竜交渉部隊代表として、世界の滅びを阻止するための交渉を進めていく物語の4作目。ただし4作目ながら、既刊は9冊という長編。そして電撃文庫最厚記録のタイトルホルダーでもある。

全竜交渉部隊は4th-Gと5th-Gの滅びを追い、{{ヒオ・サンダーソンとダン・原川は}}それぞれの行く末を決断する。
この巻では、第三十五章の序文でかなりぐっと来てしまった。あと、大佐がとてもかっこいい。

川上作品は、作品間の設定のつながりを楽しむのも一つの面白さなので、都市シリーズの方も読んでおくと、ニヤリとできるシーンが多い。また、ギャグ分についてはかなり増量キャンペーンがされているので、その辺を楽しむのもいい。

{{
でも名台詞はこんな選択。

「先ほどの貴女の質問ですが、……疑問を解決するのは時間だけではありません。それは--」
「覚悟です。配点(貴女の人生)ここテストに出ます。いいですね?」
}}
Hunter 「今まで出合った物語の中で、ここまで強烈なインパクトを与えてくれたものは無い」このシリーズについて俺はそう思っています。

ストーリーの濃厚さ、キャラクターの個性の強烈さとその掛け合いの面白さ、そして何より物語を通して感じる「カッコよさ」。そんな魅力が膨大なページ数を「これでもまだ少ない」と感じさせてくれます。厚さにびびらず、まずは手にとって、読んでみて下さい。
そこには最高の「世界」が待っているはずです。

{{この巻の名言}}
{{ヒオ「で、でも、ヒオの力が無ければ世界が滅ぶとしたら---。」}}
{{佐山「滅びればいい。一人の少女の心を動かせなかった世界など滅びて当然だ。」}}
toshi-ko 4th-G、5th-Gとの交渉の後編。
上巻を読んだ時と、キャラに対する好感度が変わってしまう点は、さすが後半と言った所でしょうか?
もうね、名前も出てこないキャラなのに、熱いアメリカン魂を見せつけられたのにはちょっと感動いたしました。

そして、今回のメインは、機竜同士の空中戦。

とにかく、巨大なボスキャラが出てくる弾幕シューティングをイメージしてしまう程の、疾走感、スピード感には圧巻です!?
練馬 イロイロ言うべき事はあるんでしょうが、今回の中心カップルのヒオと原川がとてつもなく気に入っているので僕はもうそれだけでいいのです。
高空昴 AHEADシリーズに関しては、各巻それぞれが素晴らしい出来映えであり、語り始めるとキリがないので、対象作品の中で最新である本作にメッセージを送りたいと思います。

川上作品全般に言える事だと思うのですが、とにかく「決意」の描き方が圧倒的に上手です。このAHEADシリーズは特にその特色が濃いと思います。
これは作者である川上氏の構成力の高さはもちろん、やはりライトノベルの最重要点であるキャラクターの造形がしっかりしているからでしょう。漫画的なデフォルメを加えていながら、それでもリアルを感じさせる個性付けがなされています。このあたりの力量はライトノベル業界全体から見ても頭抜けている気がします。
イラストとの整合性など、装丁の完成度も含めて、やはりAHEADシリーズはライトノベルの完成形の一形態ではないでしょうか。

最後に、この「4下巻」について一言。
米国UCATのパイロット達がメチャメチャかっこよかったです。名前もない脇役の決死の活躍に泣きそうになりました。ああもう、やっぱり面白いなあっ!!
只一人 この4下は、今までのAHEDの中で、「決意の理由」を一番上手く見せていたと思います。
巻が進むたびに更新されていく、圧倒的な厚さ。
次は何ページになるのでしょうか?(笑)
極楽トンボ シリーズ全体に対しての応援です。

時間の都合で自分が過去に書いた紹介文をコピペしてます(汗
終わりのクロニクルは、自動人形であるSfが、そのAI特性を十二分に発揮してAIに弱い管理人のような人々を廃人にしてしまう素敵AI万歳作品です。

……嘘です。でもほんとです。
とにかく独自の濃い設定と造語とこれまた独特な戦闘シーンで、向く人には向くけどそうでない人にはどうにもならないという作品。ただ、都市シリーズに比べると敷居はかなり低いんじゃないかと思われますので未読の方は一度手にとってお試しください。
そしてAIスキーな人はSfをお忘れなく。人になりたい、と思考する凡百のAIとは一味違います(笑)
応援メッセージ・イラスト部門
高空昴 さとやすさんの何が凄いかといえば、上達ぶりが凄いと思います。
都市シリーズの伯林最終巻あたりから、物凄い勢いで上手になっている気がします。この意見を否定する方は少ないでしょう。
AHEADシリーズ以降においては、特に色使い素晴らしい。淡いグラデーションを巧みに用いた彩色に、私はもうメロメロですよーっ!!
あと、個人的意見ですが、女の子がものすごく柔らかそうに描かれているのがよろしい感じです。うーん、じつにまロいっ!!(馬鹿

[image:amz] タイトル ミナミノミナミノ
シリーズ ミナミノミナミノ
著者 秋山瑞人
イラストレーター 駒都えーじ
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2914-7
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
masahisa この巻のラストまで読んだ時点で、なんとなくラストは想像出来る気がします。
個人的に秋山瑞人の小説は、「予想を裏切った上で予想どおりの結末を見せる」ように
感じていますので、自分の予想がどう裏切られるかが楽しみですよ。
東雲長閑 秋山瑞人さんの小説を読んでいると、全く知らないはずの場所や人が、昔から知っているかのように思えてくる。「ミナミノミナミノ」の舞台である岬島も左吏部家も、私達の奥底に沈む田舎の記憶を呼び起こす。それは電話帳に転用された漢字練習帳といった絶妙の細部に因るところが大きい。
とにかく一巻を読んで「ミナミノミナミノ」は私の良く知る場所での、良く知った人々の物語になってしまった。今後、馴染みの人達がどの様な運命を迎えるのか、どきどきしながら待ちたい。
高空昴 大ヒット作「イリヤの空、UFOの夏」に続く、ボーイ・ミーツ・ガールの第二弾。
秋山節とでも呼ぶべき濃密かつ軽妙な文体は、本作でも健在にして絶好調。
このボキャブラリー・センスは、他の作家さんには真似できないものがあります。自分が物語の中にいるかのような臨場感、匂いさえも感じさせるような描写力、ツボをついてくる人物造形、あいもかわらず抜群です。
作品単体としては、秋山氏の作品の中でも最もとっつきやすいと思います。
秋山作品に触れたことのない方は、この作品から触れてみるのもいいかもしれません。

南の島を舞台にした夏の物語であり、あとがきで秋山氏が自ら言っているように、全体的なカラーは前作「イリヤ」を思わせるものとなっています。そういう意味では「新鮮さ」や「目新しさ」は乏しいかもしれませんが、そこは「良い意味で読者を裏切り続けている」秋山先生、最後にドカンとかましてくれるでしょう。
期待を胸に、続刊を待ってます。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル でぃ・えっち・えぃ
シリーズ
著者 ゆうきりん
イラストレーター 小宮裕太
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2915-5
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル DADDY FACE メドゥーサ IV
シリーズ DADDY FACE
著者 伊達将範
イラストレーター 西E田
レーベル 電撃文庫
書籍コード ISBN4-8402-2916-3
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
一歩 シリーズとして推します。
特に、ここにはないけど、シリーズ初刊から以降ぐらい。
今回のメドゥーサ全4冊は、ちょっとたるい。かなり間延びの感じがして、逆にあまりお勧めしない。最後の4巻でようやくだらだらやってた全部ががつんとまとまって、結構活劇した感じがある。おっぱいぼいーんずの今後に期待。

冴えない主人公の前に突然現れた美少女、彼女は言った「お父さん!」と。
主人公は一浪大学生なのに、既に中学生になる実子が居るという段階でまず笑い。
その実子が大財閥の娘かつアクティブな天才少女で、ハイテク駆使のインディジョーンズやってる段階でまた笑い。
なし崩しに巻き込まれたアンダーな世界は、オーパーツとか超能力とかエイリアンが普通に溢れる無茶苦茶ワールドで主人公に泣きが入る辺りでまた笑い。
ところがその主人公が実は{{伝説の武術の継承を}}とかいうあたりで腹を抱えてまた更に笑い。
この父にしてこの娘有りと思ってたら息子も有ったり、実は母も有ったりで、ラブコメとか家族コメディも健在。
こうして書くとあらゆるネタの大洪水ごった煮で、よく素直にまとめたなあ(素直?)という傑作です。
極楽トンボ とにかくもうなんでもありなSF。
超兵器、オーパーツ、人外、パラレルワールド、神?なんでもかんでも無いものは無いといった方がいいかも。
これだけの要素を一気にぶち込んで、ちゃんと話としてまとめているところがたいしたものです。

大変上質なエンターテイメント小説ですええ。
応援メッセージ・イラスト部門

[image:amz] タイトル 高機動幻想ガンパレード・マーチ もうひとつの撤退戦
シリーズ 高機動幻想ガンパレード・マーチ
著者 榊涼介
イラストレーター きむらじゅんこ
レーベル 電撃ゲーム文庫
書籍コード ISBN4-8402-2952-X
発行年月日 2005-01-00
備考
書店 amz絵 / bk1絵 】
応援メッセージ・小説部門
mikazuki ゲームのノベライズというのは非常に難しいもの(たぶん読み手にとっても書き手にとっても)ですが、このシリーズは数少ない幸せな成功例ではないでしょうか。

原作の濃すぎる裏設定をほどよく無視してやや現実よりに振った結果、少年少女戦場ものとしてとてもよいバランスに仕上がっていると思います。
原作のゲームをやっていない人でも楽しめるシリーズではないでしょうか。
私はこれを読んでから高瀬彼方さんのディバイデッドフロントへ行きましたが、逆にあちらのファンだったらこちらのシリーズもお薦めできます。

とくに脇役たち(ゲームの中には出てこない)を描いたこの巻は好み。
戦場に放り込まれた少年少女たちのサバイバルを熱く切なくさわやかに描いています。
高空昴 シリーズ物なので、最新作の本作にメッセージを。

漫画であれ映画であれゲームであれ、ノベライズというのは非常に難しいものです。原作と同等以上の評価を得ている作品となると実に少ないでしょう。
そんな中、私が素直に「面白かった」と言えるノベライス作品が二つあります。
一つは秋山瑞人氏が漫画を小説化した「鉄コミュニケイション」。

そして、残るもう一つが、この榊涼介版「ガンパレード・マーチ」です。

ただ原作の流れをなぞるだけのチープなノベライズとは一線を画した、小説単体としても面白く読める域に達したシリーズだと思います。原作ゲームを知らなくても面白く、原作ゲームを知っていると更に面白い、秀逸な出来映えとなっています。
ノベライスとはかくあるべし、ですね。
極楽トンボ 多くは語りません。
これは「ガンパレード・マーチ」というPS用SLGのノベライズです。

しかしゲームをやったことがなく、小説だけ読んだことがあるという読者層が少なからず存在する事実。これこそが「どうせノベライズだし」の「どうせ」の部分を完膚無きまでにたたきのめす良作であることのなによりの証明であると言えるでしょう。
応援メッセージ・イラスト部門
楠真 小説の出来はもう保証済。
私は、ゲーム本編からノベライズ中ずっと表紙・挿絵を供給し続けたこの方に感謝です。